防食概論:塗料・塗装

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食・防食とは” ⇒ “塗料・塗装” ⇒

         特定部位用塗装系 R

 【適用範囲】指針 Ⅰ-解-11 ページ)
 橋梁の構造や部位における腐食状況の差異は,下フランジ下面,上フランジ上面,及びあや材に発錆が多く,腹板や上フランジ下面は良好な状態にあるのが一般的である。
 この他の特異な個所として,アバット(橋台)近傍の橋梁端部や添接部に発錆が多い。これらの個所では,発錆部の素地における顕著な凹凸やボルト等の形状による影響が大きい。
 これらの箇所に対処するためには,従来よりも塗膜厚を厚く塗付ける必要がある。このため,これらの個所に適用可能な塗料として,超厚膜型エポキシ樹脂塗料を用いた塗装系 R を用いる。
 
 【塗装仕様】
 
 橋梁製作工場
 【 2 次素地調整】
 ブラスト処理
 除錆度: ISO Sa2 1/2 以上,表面粗さ: 10点平均粗さ 70μmRzJIS 以下
 【下塗り】
  塗料メーカーの指示による期間
 専用プライマー: 塗料メーカーの指示による。
  塗料メーカーの指示による期間
 超厚膜型エポキシ樹脂塗料: 使用量 1200g/m2(スプレー塗り)
 【中塗り】一般外面が塗装系 J の場合
 下塗り塗装後 1日以上,15日以内
 ポリウレタン樹脂塗料用中塗: 使用量 130g/m2(はけ塗り)
 【上塗り】一般外面が塗装系 J の場合
 中塗り塗装後 1日以上,15日以内
 ポリウレタン樹脂塗料上塗:使用量 110g/m2(はけ塗り)
 
 【備考】
 超厚膜型エポキシ樹脂塗料は,一回の塗装で約 300μm程度に厚く塗付けられるよう調製された塗料である。それ故に,粘度が高く,スプレー塗装であっても塗装作業性は良好とはいえない。
 また,無溶剤型エポキシ樹脂塗料と同様に,液状エポキシ樹脂の使用量が多く,体質によってはアレルギー反応を示す場合もあるので,塗装作業に当たっては,作業者の防護(防護服,マスクなど)に配慮しなければならない。

 このページの“トップ”