防食概論:塗料・塗装

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食・防食とは” ⇒ “塗料・塗装” ⇒

         一般外面・塗装系 Ra

 過去の塗装便覧では,上塗り塗料種の異なる a-1塗装系,a-3塗装系の2種を規定していたが,現行の便覧では,Ra-Ⅲ塗装系の 1種類のみが規定されている。
 
 【適用範囲】便覧 Ⅱ-94ページなど)
 現在施工されている旧塗膜の A,a 塗装系が十分な塗膜寿命を有しており,適切な塗膜の維持管理体制がある場合や橋の残存寿命が 20 年程度の場合には,素地調整程度 3 種を行い,鉛・クロムフリーさび止めペイントに替えた塗装仕様( Ra-Ⅲ )を適用してもよい。
 このとき,素地調整や塗装は極力機械化して良好な塗膜を形成することが重要である。

 

【 Ra-Ⅲ 塗装系】

 【素地調整】
 3 種(動力工具・手工具併用)
 活膜は残す。
 
 【下塗り】
  素地調整後 4 時間以内, 鋼板露出部のみ
 鉛・クロムフリーさび止めペイント:使用量 140g/m2(ローラ・刷毛塗り)
  ①塗装後 1 日以上,10 日以内,全面塗り付け
 鉛・クロムフリーさび止めペイント:使用量 140g/m2(ローラ・刷毛塗り)
  ②塗装後 1 日以上10 日以内,全面塗り付け
 鉛・クロムフリーさび止めペイント:使用量 140g/m2(ローラ・刷毛塗り)
 【中塗り】
 下塗り塗装後 1 日以上 10 日以内,全面塗り付け
 長油性フタル酸樹脂塗料中塗:使用量 120g/m2(ローラ・刷毛塗り)
 【上塗り】
 中塗り塗装後 2 日以上 10 日以内,全面塗り付け
 長油性フタル酸樹脂塗料上塗:使用量 110g/m2(ローラ・刷毛塗り)

 このページの“トップ”