金属概論:鉄および鋼

 技術用語関連のページ探しは
    “キーワード索引”

 関連機関へのリンク,金属関連書籍は
    “お役立ち情報”

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食防食とは“ ⇒

  【一般構造用圧延鋼】

 一般構造用圧延鋼材(Rolled steels for general structure, JIS G 3101 1952年制定 SS材)とは,橋,船舶,車両その他の構造物に用いる一般構造用の熱間圧延鋼材である。
 圧延鋼材は,鋼の塊をロールにかけて圧延し,鋼板,鋼帯,鋼棒,平鋼,形鋼にしたもので,広く用いられている。この鋼材は,接合に溶接を用いない用途に適用される。
 鋼板は,板状の鋼材をいい,厚さで呼び方が薄鋼板(厚さ3mm未満),中鋼板(3~6mm),厚鋼板(6mm以上),極厚鋼板(150mm以上)に分けられる。
 一般的な構造物等には9mm以上の厚鋼板が用いられる。薄鋼板は,コイル状に巻くことが可能で,この状態を鋼帯(steel strip)や帯鋼(steel coil)などとも呼ぶ。また,用途別に構造用鋼板,建築用鋼板,造船用鋼板,ボイラー用鋼板,自動車用鋼板などとも呼ばれる。
 棒鋼は,鋼片や鋼塊を圧延して得られるもので,断面が円形,正方形,長方形,多角形のものがある。断面が円形の物を丸鋼,正方形の物を角鋼,長方形の物を平鋼とも呼ぶ。
 形鋼は,断面が多角的な形状をした鋼材をいう。形鋼には,熱間圧延で作製される重量形鋼,薄い鋼板を冷間で折り曲げ加工して作製される軽量形鋼の2種がある。一般に形鋼という場合には,重量形鋼を指す場合が多い。用途の多い重量形鋼にはH形,I形,山形(L形),溝形,Z形等があり,軽量形鋼には山形,溝形,Z形,ハット形等がある。


一般構造用圧延鋼材(SS材)の例
  種類の記号  化学成分(%) 引張強さ
N/mm2
C Mn P S
  SS330    ―    ―    0.050以下    0.050以下    300~430 
  SS400    400~510 
  SS490    490~610 
  SS540    0.30以下    1.60以下    0.040以下    0.040以下    540以上 

【参考資料】
 1)谷野満,鈴木茂「鉄鋼材料の科学―鉄に凝縮されたテクノロジー」内田老鶴圃(2006)
 2) 大澤直 『金属のおはなし』 日本規格協会,2008年
 3) 齋藤勝裕 『金属のふしぎ』 ソフトバンククリエイティブ,2009年

   ページのトップ