腐食概論:腐食の基礎

 技術用語関連のページ探しは
    “キーワード索引”

 関連機関へのリンク,腐食関連書籍は
    “お役立ち情報”

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食防食とは“ ⇒ “腐食の基礎“ ⇒

  【異種金属接触腐食の可能性】

 異種金属接触腐食は,電極電位の異なる金属同士が接触した場合に起きる可能性がある。
 電極電位は,図に例示するように,曝される環境で異なる。このため,適切に評価するためには,対象とする環境で実用する金属の電位(自然電位)を計測する必要がある。

金属元素の電極電位,海水中の自然電位列

自然電位の環境依存

 実用面では,炭素鋼に対しては,概ねで(場合によってはステンレス鋼も)との接触で,炭素鋼が卑な自然電位となり,炭素鋼の選択的腐食が起きる。
 亜鉛やアルミニウムに対しては,炭素鋼が貴な電位となり,接続されることで亜鉛やアルミニウムが選択的に腐食する。
 亜鉛めっきやアルミニウムめっきは,これを利用した鋼の防食原理となっている。
 
 【参考】
 同様の腐食現象として,同一金属であっても部分的な電位差が発生する次の場合も注意が必要である。
 ・不適切な溶接で溶接部と母材間に電位差が生じた場合,不適切な溶接部がアノードになる。
 ・ミルスケール(黒皮)鋼板で部分的にミルスケールに損傷を受けた個所がアノードになる。

   ページのトップ