防食概論:防食の基礎

 技術用語関連のページ探しは
    “キーワード索引”

 関連機関へのリンク,防食関連書籍は
    “お役立ち情報”

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食防食とは“ ⇒ “防食の基礎” ⇒

           【水分除去】

 【腐食概論】の【大気汚染物質の影響】で解説したように,大気中の鋼は,下図に示すように,鋼の置かれた状況で決まる臨界湿度(一般に 50~70RH%)を超えると腐食が開始する。
 このことは,空間の相対湿度を常に臨界湿度(例えばRH50%)以下に保てば,腐食の進行を抑制できることを示す。
 少なくとも塩化ナトリウムの潮解が始まる相対湿度 75%以下にできれば,海塩環境でも激しい腐食に至らずに済むと考えられる。

鋼腐食度に与える相対湿度の影響

鋼腐食度に与える相対湿度の影響

 構造物に適用できる実用的な除湿方法には,除湿剤,除湿装置,乾燥空気の導入などが考えられる。 採用する方法の選択は,構造物の規模,維持管理のし易さ,運転経費などを総合的に比較して行われる。
 実際に,明石海峡大橋(神戸淡路鳴門自動車道)のケーブル内部は乾燥空気の連続送風で防食されている。 また,新尾道大橋(西瀬戸自動車道)では箱桁内部に除湿装置を設置し防食している。

  ページのトップへ