防食概論:塗料・塗装

 技術用語関連のページ探しは
    “キーワード索引”

 関連機関へのリンク,防食関連書籍は
    “お役立ち情報”

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食・防食とは” ⇒ “塗料・塗装” ⇒

         塗装の施工管理とは

 一般的に,塗料開発の段階で,試験室で性能試験が実施される。この試験で得られた塗膜性能を,実施工の塗膜で発揮するためには,試験片作製時と同様の施工条件を満たす必要がある。
 試験室での試験片作製では,気温・湿度の変動が少ない室内で,適切に脱脂した清浄な鋼板に,適切に準備した塗料を規定量塗り付け,塗膜が硬化乾燥状態になるまで,室内で養生される。
 実施工でも試験片作製時と同じ環境条件の確保が理想である。しかし,鋼構造物塗装は,新設時であっても屋外塗装となることが多い。
 従って,可能な限り適切な施工ができるよう,塗膜性能に影響する諸要因の調査と管理が必要になる。
 塗膜性能に影響する要因には,次のものが考えられる。
 
【素地調整作業】
作業中
 作業時の気象条件(天候,気温,湿度)
素地品質
 素地の表面粗さ,清浄度
作業後
 第 1層目塗装までの経過時間,気象条件(温度,湿度)

【塗装作業】
使用塗料の状態
 規定品質との適合性,製造後の保管状態と保管期間
塗料調合作業
 混合比,溶剤希釈率,塗料温度,粘度
塗装下地
 乾燥状態,被塗面の汚染状態
塗料
 塗料混合後から塗り付けるまでの経過時間(可使時間の範囲)
塗り付け作業
 被塗面の表面温度,気象条件(天候,気温,湿度,風向・風速),塗装器具の適不適,作業者の技能,塗料塗付量(ウェット膜厚)
塗膜品質
 塗膜厚み,塗膜変状の評価と措置
塗装作業完了後
 塗膜損傷(足場撤去時の傷,チェーンクランク取り付け跡)の補修

 ページのトップへ