防食概論:塗料・塗装

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食・防食とは” ⇒ “塗料・塗装” ⇒

         一般外面・塗装系 L

【適用範囲】
 旧塗膜が塗装系 L ,又は塗装系M (無機ジンクリッチプライマー+タールエポキシ樹脂塗料)の塗り替え塗装に用いられる。
 腐食性環境での適用が多く,塗膜最下層にジンクリッチ塗膜を用いているので,局部的な腐食での塗替え塗装となる場合が多い。
 このとき,活膜部の防食性能は高い状態で維持されているので,塗膜消耗で下塗り塗膜が露出するまでは,部分塗替え塗装で対応できる。

【塗装仕様】

 【素地調整】
 替ケレン-2,3 (一般環境: 動力・手工具で除錆度-3 以上,腐食性環境: 腐食部の部分ブラストを推奨)
 
 【下塗り】
  素地調整後その日のうち(鋼露出部のみの補修塗装)
 厚膜型エポキシ樹脂ジンクリッチペイント: 使用量 300g/m2(刷毛・ローラ塗り)
  ①塗装後 2日以上,1カ月以内(鋼露出部のみの補修塗装)
 厚膜型変性エポキシ樹脂系塗料: 使用量 200g/m2(刷毛・ローラ塗り
  ②塗装後 1日以上,7日以内(鋼露出部のみの補修塗装)
 厚膜型変性エポキシ樹脂系塗料: 使用量 200g/m2(刷毛・ローラ塗り)
  ③塗装後 1日以上,7日以内(基本は補修塗装,塗膜消耗時は全面塗装)
 厚膜型変性エポキシ樹脂系塗料: 使用量 200g/m2(刷毛・ローラ塗り)
 
 【中塗り】
 なし
 【上塗り】
 下塗り塗装後 1日以上,7日以内(基本は補修塗装,塗膜消耗時は全面塗装)
 厚膜型変性エポキシ樹脂系塗料上塗: 使用量 200g/m2(刷毛・ローラ塗り)
 又は,
 下塗り塗装後 1日以上,7日以内(旧塗膜と同じ場合の基本は補修塗装,塗膜消耗時塗膜変更の場合は全面塗装)
 厚膜型ポリウレタン樹脂塗料上塗: 使用量 150g/m2(刷毛・ローラ塗り)
 
 【備考】
 厚膜型変性エポキシ樹脂系塗料上塗の塗膜消耗が進み,全面塗替えが必要になった場合において,景観性能向上や塗膜消耗抑制を期待し,上塗り塗料を厚膜型ポリウレタン樹脂塗料上塗に変更できる。
 環境負荷低減を求める場合は,塗装系 ECO2 への変更が望まれる。

 このページの“トップ”