防食概論:防食の基礎

 技術用語関連のページ探しは
    “キーワード索引”

 関連機関へのリンク,防食関連書籍は
    “お役立ち情報”

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食防食とは“ ⇒ “防食の基礎” ⇒

          【防食設計とは】

 鋼橋などの構造物,設備機器などでは,金属腐食により安全性信頼性の低下のみならず,大きな経済損失に至る。このため,適切な防食対策が必要となるが,やみくもな対策は,過剰な投資になりかねない。
 そこで,構造物や機器等の使用目的,期待耐久年に応じた適切な防食設計が求められる。
 しかし,防食対策に必要な技術分野は,土木,機械,電気,化学と横断的であり,広い知識が必要になる。そこで,【防食設計】の章では,設計段階で考慮すべき要点などを網羅的に解説する。

【金属腐食の影響】
 不適切な防食対策の場合には,想定外の腐食による事故,災害など大きな経済的・人的損失を被る場合がある。腐食の程度により,下図に示すように,安全性,信頼性の低下,環境破壊などの種々の影響をもたらす。

金属腐食の影響

金属腐食の影響

 経済に与える影響(腐食コスト)に関し,1971年にイギリスで実施された調査(参考資料 1) )によると,腐食損傷(事故)の1/4は,既知の知識の活用で防ぐことができたとある。
 このことは,腐食・防食技術の多くは,過去の経験が大きな比率を占め,未だに防食技術の合理的な設計ができる状況には至っていないこと,過去の事例を学ぶことの重要性を説いている。
 日本においても,腐食コストの推定を1974年と1997年に実施している。これらによると,日本における直接的腐食コストの推定値(例えば参考資料 2) )は,対GDP(国内総生産)で約1%(4~5兆円)と見積もられている。間接的コストも含めると15兆円規模に及ぶ巨額になると考えられている。
 
【参考資料】
 1) Department of Trade and Industry, (T. P. Hoar)“Report of the Committee on Corrosion and Protection”, Her Magesty’s Stationary Office (1971)
 2) 腐食コスト調査委員会“我が国の腐食コスト”,材料と環境, Vol. 5 0, No. 11, pp.490-512 (2001)

  ページのトップへ