防食概論:塗料・塗装

 技術用語関連のページ探しは
    “キーワード索引”

 関連機関へのリンク,防食関連書籍は
    “お役立ち情報”

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食・防食とは” ⇒ “塗料・塗装” ⇒

         鋼道路橋の防食塗装系

 道路分野の鋼橋塗装で用いる2005年改訂の「鋼道路橋塗装・防食便覧」記載の主な塗装系を紹介する。
 塗装系は,塗装時期により新設塗装系と塗替え塗装系に分けられる。さらに,適用する部材・部位や素地の材質によっても分けられる。
 部材・部位別には,大気に直接さらされる大面積の一般外面用,箱桁等の密封空間となる内部の内面用,アスファルト敷設などにより比較的高い温度となる鋼床版裏面用,摩擦接合部など添接部の接触面用,添接部に用いる高力ボルト表面用などに分けられる。
 素地の材質としては,一般鋼材面用の他に,溶融亜鉛めっき鋼用,金属溶射面用,コンクリート面用などに分けられる。
 
 【塗装系記号について】
 「鋼道路橋塗装・防食便覧」では,1971年から採用されている前身の「塗装便覧」での考え方を踏襲し,用途別に次のように記号を割り当てている。
 A 塗装系:一般外面・一般環境用,B 塗装系:一般外面・やや厳しい腐食環境用,C 塗装系:一般外面・腐食環境用,D 塗装系:箱げた等内面用,F 塗装系:現場添接部用
 また,新設時塗装系は大文字で,塗替え塗装系は小文字(2005年からはR+小文字)で表記される。塗料種の違いは英記号の後の数値で分類している。
 この考え方では,後述の「鋼道路橋・塗替え塗装の基本」(旧塗装系)に示すように,年代により同じ記号で異なる塗料種が規定されており,塗装系記号のみからは塗料種を確認できないなどの不都合が生じる。
 例えば,C-3 塗装系は,1971 年には,ジンクリッチペイント+ポリウレタン樹脂系プライマー+ポリウレタン樹脂塗料を用いた塗装系であったが,1979 年には,厚膜型ジンクリッチペイント+フェノールジンククロメート下塗+フェノールMIO中塗+塩化ゴム系塗料の塗装系に変わり,さらに 1995 年に無機ジンクリッチペイント+エポキシ樹脂塗料下塗+エポキシ樹脂MIO塗料+ふっ素樹脂塗料に変わっている。
 一方で,用途別塗装系になっているため,塗装仕様の発注において,防食塗装に精通していない担当者であっても的確に発注できるメリットはある。

 このページの“トップ”

【新設時塗装系】

 2005年改訂の「鋼道路橋塗装・防食便覧」に記載される新設時塗装系を次に示す。

鋼道路橋:新設時塗装系一覧
適用個所 記号等 塗料構成 備  考
  一般外面用 A-5   長ばく形エッチングプライマー + 鉛・クロームフリーさび止めペイント + 長油性フタル酸樹脂塗料中塗 + 長油性フタル酸樹脂塗料上塗   一般環境でLCCを考慮する必要のない場合,20年以内に架け替えが予定されている場合。
C-5   無機ジンクリッチペイント + エポキシ樹脂塗料下塗 + ふっ素樹脂塗料用中塗 + ふっ素樹脂塗料上塗   A-5を適用する場合を除き,原則として用いられる塗装系。
  内面用 D-5   無機ジンクリッチプライマー + 変性エポキシ樹脂塗料内面用   箱桁外面にC-5塗装系を適用した場合の箱桁内面用。
D-6   長ばく形エッチングプライマー + 変性エポキシ樹脂塗料内面用   箱桁外面にA-5塗装系を適用した場合の箱桁内面用。
  鋼床版 上面   無機ジンクリッチペイント   舗装施工までの防せい用。
外面   C-5塗装系と同等   外面には,180℃程度に耐えるC-5塗装系を適用。
内面   D-5塗装系と同等   内面には,180℃程度に耐えるD-5塗装系を適用。
  接合部 F-11   無機ジンクリッチペイント + 変性エポキシ樹脂塗料下塗 + 超厚膜形エポキシ樹脂塗料 + ふっ素樹脂塗料用中塗 + ふっ素樹脂塗料上塗   一般外面にC-5塗装系を用いる場合の現場高力ボルト接合部の外面塗装系,300μmタイプの超厚膜形エポキシ樹脂塗料を用いる。箱桁内面には,中・上塗り塗料を省略した超厚膜形エポキシ樹脂塗料仕上げの仕様(F-12塗装系)を用いる。
合せ面   無機ジンクリッチペイント   一般外面にC-5塗装系を用いる場合の高力ボルト接合部の合せ面は,片面当たりの最小乾燥膜厚30μm,接触面の合計乾燥膜厚90~200μmの厚み制限がある。塗料は,亜鉛含有量80%以上,亜鉛末の粒径10μm程度以上のものを用いる。
F-13   有機ジンクリッチペイント + 変性エポキシ樹脂塗料下塗 + ふっ素樹脂塗料用中塗 + ふっ素樹脂塗料上塗   一般外面にC-5塗装系を用いる場合の現場溶接部の塗装系。箱桁内面には,有機ジンクリッチペイント+超厚膜形エポキシ樹脂塗料仕上げの仕様(F-14塗装系)を用いる。
  溶融亜鉛めっき ZC-1   亜鉛めっき用エポキシ樹脂塗料下塗 + ふっ素樹脂塗料用中塗 + ふっ素樹脂塗料上塗   外面用塗装系
ZD-1   亜鉛めっき用エポキシ樹脂塗料下塗 + 変性エポキシ樹脂塗料内面用   内面用塗装系
  金属溶射   ミストコート + エポキシ樹脂塗料下塗 + ふっ素樹脂塗料用中塗 + ふっ素樹脂塗料上塗  
  コンクリート面 CC-A   コンクリート塗装用エポキシ樹脂プライマー + コンクリート塗装用エポキシ樹脂パテ + コンクリート塗装用エポキシ樹脂塗料中塗 + コンクリート塗装用ふっ素樹脂塗料上塗   ひび割れ頻度が極めて低い場合。
CC-B   コンクリート塗装用エポキシ樹脂プライマー + コンクリート塗装用エポキシ樹脂パテ + コンクリート塗装用柔軟形エポキシ樹脂塗料中塗 + コンクリート塗装用柔軟形ふっ素樹脂塗料上塗   多少のひび割れの発生が懸念される場合。

 このページの“トップ”

【塗替え塗装用】

  2005年改訂の「鋼道路橋塗装・防食便覧」に記載される塗替え塗装系を次に示す。

鋼道路橋:塗替え塗装系一覧
適用個所 記号等 塗料構成 備  考
  一般外面用 Ra-Ⅲ   鉛・クロームフリーさび止めペイント + 長油性フタル酸樹脂塗料中塗 + 長油性フタル酸樹脂塗料上塗   旧塗膜Aの塗膜寿命が十分に残存し,適切な管理体制が期待できる場合,構造物の残存寿命が20年程度の場合。
Rc-Ⅰ   有機ジンクリッチペイント + 弱溶剤形変性エポキシ樹脂塗料下塗 + 弱溶剤形ふっ素樹脂塗料用中塗 + 弱溶剤形ふっ素樹脂塗料上塗   旧塗膜A,又はB(塩ゴム)の塗替え,素地調整程度1種(ブラスト処理)で旧塗膜を完全に除去する。
Rc-Ⅱ   有機ジンクリッチペイント + 弱溶剤形変性エポキシ樹脂塗料下塗 + 弱溶剤形ふっ素樹脂塗料用中塗 + 弱溶剤形ふっ素樹脂塗料上塗   旧塗膜B(塩ゴム)の塗替え,素地調整でブラスト処理が適用できない場合,素地調整程度2種で旧塗膜を除去する。
RC-Ⅲ   弱溶剤形変性エポキシ樹脂塗料下塗 + 弱溶剤形ふっ素樹脂塗料用中塗 + 弱溶剤形ふっ素樹脂塗料上塗   旧塗膜A,B,Cの塗替え,素地調整にブラスト処理が適用できない場合で,素地調整程度3種を適用(活膜を残す)した場合。
RC-Ⅳ   弱溶剤形変性エポキシ樹脂塗料下塗 + 弱溶剤形ふっ素樹脂塗料用中塗 + 弱溶剤形ふっ素樹脂塗料上塗   旧塗膜Cの塗替え,旧塗膜に欠陥がなく,素地調整程度4種で,美観の回復を目的とした場合に適用する。塗装仕様は,RC-Ⅲ塗装系の下塗り塗料の塗り回数を減じた塗装系。
  内面用 RD-Ⅲ   無溶剤形変性エポキシ樹脂塗料   旧塗膜Dの塗替え,暗く十分な換気が確保できない場合の内面用。
  溶融亜鉛めっき RZC-Ⅰ   亜鉛めっき用エポキシ樹脂塗料下塗 + ふっ素樹脂塗料用中塗 + ふっ素樹脂塗料上塗   溶融亜鉛めっき鋼材の部分的な補修塗装用。赤錆の発生した場合,金属溶射被膜がはがれた場合などはRc-Ⅰ塗装系を適用する。

 このページの“トップ”