金属概論:鉄および鋼

 技術用語関連のページ探しは
    “キーワード索引”

 関連機関へのリンク,金属関連書籍は
    “お役立ち情報”

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食防食とは“ ⇒

  【溶接構造用圧延鋼】

 溶接構造用圧延鋼材(Rolled steels for welled structure, JIS G3106 1952年制定 SM材)は,橋梁,船舶,車両,石油貯槽,容器,その他(鉄骨造建築物を除く)の溶接構造に用いる熱間圧延鋼材である。溶接性の優れたもので,SS材より化学成分規定が厳しくなっている。
 溶接構造用圧延鋼材には,A種・B種・C種の3種類があります。A種は主に弾性範囲,B種は塑性変形を受ける部材,C種はダイアフラムなど板厚方向に応力を受ける部材に適している。なお,B種とC種にはシャルピー衝撃試験の規定がある。
 SM400~SM520までは,条件0℃,Vノッチ,圧延方向での衝撃試験で,吸収エネルギーの規定値は,B種で27(J)以上,C種で47J以上,SM570に関しては,条件-5℃,Vノッチ圧延方向の試験で,47J以上と規定されている。


溶接構造用圧延鋼材(SM材)の例
  記号    種類    厚さ 
  mm 
化学成分(%) 引張強さ
N/mm2
C SiMn P S
  SM400    A    ≦50    ≦0.23    ―    C×2.5≦    ≦0.035    ≦0.035    400~510 
  50<t≦100    ≦0.25 
  B    ≦50    ≦0.20    ≦0.35    0.60~1.50 
  50<t≦60    ≦0.22 
  C    ≦50    ≦0.18 
  SM490    A    ≦50    ≦0.20    ≦0.55    ≦1.65    490~610 
  50<t≦60    ≦0.22 
  B    ≦50    ≦0.18 
  50<t≦60    ≦0.20 
  C    ≦60    ≦0.18 
  YA, YB    ≦50    ≦0.20 
  SM520    B,C    ≦50    520~640 
  SM570    ≦40    ≦0.18    ≦1.70    570~720 

【参考資料】
 1)谷野満,鈴木茂「鉄鋼材料の科学―鉄に凝縮されたテクノロジー」内田老鶴圃(2006)
 2) 大澤直 『金属のおはなし』 日本規格協会,2008年
 3) 齋藤勝裕 『金属のふしぎ』 ソフトバンククリエイティブ,2009年

   ページのトップ