腐食概論:鋼の腐食

 技術用語関連のページ探しは
    “キーワード索引”

 関連機関へのリンク,腐食関連書籍は
    “お役立ち情報”

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食防食とは“ ⇒ “鋼の腐食とは” ⇒

           【海塩粒子量の測定について】

 JIS Z 2382「大気環境の腐食性を評価するための環境因子の測定」には,大気中の「二酸化硫黄」「大気浮遊塩分」(海塩粒子)の測定方法が規定されている。塩分の計測方法としては,次の2種類が規定されている。

 一つは,日本での実績が多い「ドライガーゼ法」で,他の一つは,海外で実績がありISO 9225「Corrosion of metals and alloys -- Corrosivity of atmospheres -- Measurement of environmental parameters affecting corrosivity of atmospheres」にも規定される「ウェットキャンドル法」である。
 何れの方法もガーゼを補修材とし,一定期間(通常は1カ月)暴露し,その間にガーゼ表面に付着した塩化物イオン量を分析した後,単位面積,単位時間当たりの塩化ナトリウム量(mdd:mgNaCl・m-2・day-1)として表記することになっている。
 JISに従った計測結果を考察する場合の留意点を次に示す。

  • 計測結果は,回収時点にガーゼ表面に付着している塩量である。ガーゼの長期間(1カ月)暴露となるので,暴露期間中の一旦付着した塩の脱落や散逸に関する情報は得られない。
  • 飛来する塩のガーゼへの付着割合(捕集率)は,風速,相対湿度などの気象条件の影響を受ける。
  • 「ドライガーゼ法」には指向性があり,設置したガーゼ面の向きで捕集率が異なる。
  • 屋根や窓を設けた架台を用いる場合は,その影響(風の流れ,重力落下成分)を考慮したデータ解析が必要になる。
 このことは,JIS法での計測値を用いて,暴露期間中に飛来した全塩量との関係や構造物表面への付着量との関係について,論じるべきではないことを示す。
 測定結果は,あくまでも,その地域での季節変動の把握や地域間の比較に留めるべきである。
 地域間の測定データの比較においても,同一の方法で,同一の暴露期間のデータを用いて比較するように心がけるべきである。
 例えば,1週間毎に回収したものの累積値は,1カ月暴露したものの測定値と一致しないなど,ガーゼの暴露開始・回収時期や暴露期間の影響を著しく受ける。
 飛来する海塩粒子の絶対量把握が目的の場合は,JIS法ではなく,参考資料1),2)などの気象学で用いる方法を参考にするのが良い。

 【参考資料】
 1)鳥羽良明:“海塩粒子-大気と海洋との相互作用の一要素として-”,海と空Vol.41,No.3,No.4, pp.71-118,1966
 2)中島暢太郎,鳥羽良明,田中正昭:“塩害に関する基礎的研究(第二報) 巨大海塩粒子連続サンプラーの試作と測定例”,京大防災研究所年報第11号B,pp.19-27(昭.43.3)

  ページトップへ