防食概論:塗料・塗装

 技術用語関連のページ探しは
    “キーワード索引”

 関連機関へのリンク,防食関連書籍は
    “お役立ち情報”

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食・防食とは” ⇒ “塗料・塗装” ⇒

         新設塗装工程

 鋼橋製作時の鉄鋼メーカーと橋梁メーカで行われる一般的な塗装工程を示す。
 鉄鋼メーカー
 製鋼したばかりの構造用鋼(SM材)は,熱間圧延工程でミルスケール(酸化鉄被膜)やその他汚れが表面に付着している。
 これらの除去と表面粗さ付与(10点平均粗さ80μmRzJIS以下)の目的で,ブラスト処理(一次素地調整,原板ブラストなどと呼ばれる)を行い,直ちに(3時間以内)プライマー(ジンクリッチプライマー)を塗付ける。
 この処理は,橋梁製作までの間の腐食抑制を目的とするので,一次防せい処理ともいう。また,この処理された鋼板をショップ鋼板という。

新設鋼橋 全工場塗装

新設鋼橋 全工場塗装

 橋梁メーカー
 橋梁メーカーでは,鋼板の切断,溶接作業を行い,複数のブロック(部材)に分けて橋梁を製作する。製作したブロックを組立て(仮組立という),設計図通りに作製しているかを検査する。
 検査合格後に,ブロック毎にブラスト処理(二次素地調整,製品ブラストなどという)を行い,直ちに表面の清浄度と表面粗さを検査し,ブラスト後 3~4時間以内に塗装仕様の第一層目(ジンクリッチペイントなど)を塗装する。次いで,塗装仕様に従い,複数の塗料を順次塗り付ける。
 橋梁メーカーの工場で上塗り塗料まで塗付けるのを全工場塗装という。1990年代までは,工場で下塗り塗料まで塗付け,架設後に中塗り塗料と上塗り塗料を塗付ける現場塗装が一般的であった。現在は,全工場塗装が一般的である。
 架設現場
 塗装を終えた橋梁ブロックは,はしけやトレーラーなどを用いて架設現場に搬入される。搬入後には,架設工事開始まで現地に仮置きされ,その後各種工法を用いて架設される。
 架設工事では,ブロックを高力ボルト現場溶接で接合しながら組み立て・架設する。架設工事の最終段階で,現場で接合した添接部表面の塗装,及び運搬,架設工事で傷ついた塗膜の補修塗装を行い工事が完了する。

   ページのトップへ