防食概論:塗料・塗装

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食・防食とは” ⇒ “塗料・塗装” ⇒

         新設・箱桁内面用塗装系 LN

 【適用範囲】指針 Ⅰ-解-10 ページ)
 新設時の箱桁内面用塗装系 LN である。工場塗装では,箱桁内面が密封状態とならないため,溶剤型の厚膜型変性エポキシ樹脂系塗料を用いることができる。
 また,紫外線の影響を受けない個所に適用することになるため,景観性能を考慮する必要がない。すなわち,厚膜型変性エポキシ樹脂系塗料仕上げで十分である。
 
 【塗装仕様】
 
 原板(製鋼工場)
 【素地調整】
 ブラスト処理
 除錆度: ISO Sa2 1/2 以上,表面粗さ: 10点平均粗さ 80μmRzJIS 以下
 【プライマー】
 ブラスト処理後 3 時間以内
 無機ジンクリッチプライマー: 使用量 160g/m2(膜厚 15μm)
 
 橋梁製作工場
 【 2 次素地調整】
 さび(鋼のさび)の発生している部分は,部分ブラスト処理,付着物や白さびは適切な方法(動力工具,手工具等)で除去する。
 すなわち,健全なプライマー塗膜は除去せずに活用する。
 【下塗り】
  素地調整後 3 時間以内
 厚膜型変性エポキシ樹脂系塗料: 使用量 350g/m2(膜厚 90μm)
  ①塗装後 2日以上,7日以内
 厚膜型変性エポキシ樹脂系塗料: 使用量 350g/m2(膜厚 90μm)
 【中塗り】
 この塗装系は,下塗り塗膜に直接上塗り塗装するので,中塗り塗料の規定はない。
 【上塗り】
 下塗り塗装後 1日以上,7日以内
 厚膜型変性エポキシ樹脂系塗料上塗: 使用量 350g/m2(膜厚 90μm)
 
 【備考】
 無機ジンクリッチプライマーのさび,すなわち白さびは付着物として観察される。
 上塗り塗料は,箱桁内面の検査等の維持管理に適した淡彩色を選択するのが良い。

 このページの“トップ”