防食概論:塗料・塗装

 技術用語関連のページ探しは
    “キーワード索引”

 関連機関へのリンク,防食関連書籍は
    “お役立ち情報”

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食・防食とは” ⇒ “塗料・塗装” ⇒

          JIS K 5600-7-1 耐中性塩水噴霧性

 耐塩水噴霧性は,基本的には,塩化ナトリウム水溶液を連続的に噴霧し,塩化ナトリウム水で表面が薄く覆われた状況下での金属の腐食進行に対する抵抗性を評価するのが目的である。
 元来は,金属の腐食性評価を目的とした試験のため,塗装試験片では,素地に達する傷がある場合に,傷部での腐食進行に対する抵抗性を評価するのが目的となる。
 後述の【参考: JIS 試験規格】の項で示すように,噴霧塩水に塩以外の成分を添加した各種試験がある。塗膜の評価では,次に示す pH が中性の塩水を用いた試験が採用されている。
 【 JIS 試験規格概要】
JIS K 5600-7-1: 1999 「塗料一般試験方法−第 7 部:塗膜の長期耐久性−第 1 節:耐中性塩水噴霧性(Testing methods for paints−Part 7 : Long-period performance of film−Section 1 : Resistance to neutral spray)」 なお,規格の詳細は,【塗料・塗装関連のJIS試験規格一覧】の JIS K 5600-7-1 で紹介する。
 【適用範囲】
 この規格は,塗料,又は製品の仕様の要求に従って,塗膜の中性塩水噴霧試験に対する抵抗性を決定する方法について規定する。
 【序文(抜粋)】
  この規格は,1984 年に第 1 版として発行された ISO 7253, Paints and varnishes−Determination of resistance to neutral salt spray を翻訳し,技術的内容及び規格票の様式を変更することなく作成した日本工業規格である。
 塩水噴霧の作用に対する塗膜の抵抗性他の環境における腐食に対する抵抗性とは直接の関係はほとんどない
 これは保護膜の生成のような腐食の進行に与えるいろいろな因子のそれぞれの効果が試験条件とは大きな差があるからである。
 したがって,試験によって得られた結果は,その試料が使用されるすべての環境での腐食抵抗性の直接指標になるものではない
 また,試験での異なった試料の性能は,海洋暴露のような厳しい条件の下でも,それらの塗料の腐食抵抗性の比の直接指標にしてはならない
 それにもかかわらず,この方法は,塗料,又は塗装系の品質のチェックとして意味のあるものである。
 【項目一覧】
 1. 適用範囲
 2. 引用規格
 3. 試験溶液
 4. 装置
 5. 試料採取
 6. 試験板
 7. 試験板の暴露方法
 8. 操作条件
 9. 手順
 10. 試験板の試験
 11. 試験報告
 附属書 A (規定) 2m3 より大きな容量の塩水噴霧槽の設計,及び工作について考慮すべき要素

 

 

【参考:関連の JIS 試験規格】

 関連の JIS 試験規格として,JIS Z 2371 :2000 「塩水噴霧試験方法(Methods of salt spray testing)」の構成を紹介する。この規格には,参考として,金属表面に付着する腐食生成物の標準的な除去方法が示されている。詳細については,【塗料・塗装関連の JIS 試験規格一覧】のJIS Z 2371 「塩水噴霧試験方法」で紹介する。
 【適用範囲】
 この規格は,金属材料,又はめっき,無機皮膜,若しくは有機皮膜を施した金属材料耐食性試験中性塩水噴霧試験 (NSS),酢酸塩水噴霧試験 (AASS) ,又はキャス試験 (CASS) 方法によって行う場合,必要となる装置,試薬,手法及び判定方法について規定する。
 【序文】
 この規格は,1990 年に第 1 版として発行された ISO 9227 , Corrosion tests in artificial atmospheres−Salt spray tests を元に,作成した日本工業規格であるが,対応国際規格に対して,規定項目,規定内容を追加し,また,規定する照合試験片の実験結果が規定値を満足しないことから,その一部を不採用にした。
 【項目一覧】
 1. 適用範囲
 2. 引用規格
 3. 装置
 4. 試験片
 5. 試験片の調整
 6. 試験中の試験片の角度及び位置
 7. 試験用塩溶液
 8. 供給空気
 9. 噴霧質の条件
 10. 装置の再利用
 11. 試験装置の再現性の評価方法
 12. 試験の開始
 13. 試験の継続
 14. 試験時間
 15. 試験後の試験片の取り扱い
 16. 判定方法
 17. 記録
 参考表 1 化学的腐食生成物除去方法
 参考表 2 電解による腐食生成物除去方法
 附属書 1 (規定)レイティングナンバ法
 附属書 2 (参考)装置の構造
 附属書 3 (参考)試験片の置き方及び位置レイティングナンバ法

 このページの“トップ”