防食概論:塗料・塗装

 技術用語関連のページ探しは
    “キーワード索引”

 関連機関へのリンク,防食関連書籍は
    “お役立ち情報”

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食・防食とは” ⇒ “塗料・塗装” ⇒

         はじめに

【はじめに】
 塗料・塗装は,施工時の制約が少ない,施工費用が比較的少ない,色,光沢などの景観性能の自由度が高いなどの理由で,鋼の防食対策として,多くの分野で採用されている。
 塗装の耐久性は,使用する塗料の特性に依存するが,塗料の特性を十分に発揮するためには,適切な施工技術・施工管理が不可欠である。
 塗膜耐久性に影響する施工技術には,規定の量を適切に塗付ける塗り付け作業はいうまでもなく,塗膜との密着性,塗膜下腐食及び塗膜欠陥発生に影響する塗装下地の素地調整,塗料の保管・管理,塗装作業中および塗膜の硬化が進むまでの間の環境条件(温度,湿度,濡れ,大気汚染物,飛来物など)が影響する。
 ここでは,鋼橋の塗装を例に,塗装技術について紹介する。

 

【基礎用語】

 塗装全般に関する基本用語を,JIS K 5500(2000)「塗料用語」,JIS Z 0103(1996)「防せい防食用語」,JIS Z0310(2004)「素地調整用ブラスト処理方法通則」を参考に解説する
  • 塗装(coating, application, painting, finishing,JIS K5500)
     物体の表面に,塗料を用いて塗膜,又は塗膜層を作る作業の総称。
    備考:ISO 用語規格では,塗装に対応する用語は規定されていない。BS 用語規格では,“coating”を塗装として定義している。ASTM 用語規格では,“coating”は塗料として,また,塗ることは“paint(vb)”として定義されている。そのほか,CED には,塗装の意味の用語として“application”が記載されている。ここでは,対応英語は,“coating”,“application”その他を併記している。
  • 塗装系(coating system, paint system,JIS K5500)
     塗装される,又は既に塗装されている塗料の塗膜層の総称。塗装の目的・効果を満足するように作った,地肌塗りから上塗りまでの塗り重ね塗膜の組合せを総称する用語。
  • 塗装工程(painting process, coating process,JIS K5500)
     塗装系を作るための工程。塗装の目的,塗ろうとする物体の素地,形状,数,用いる塗料の性質,塗装場所の条件などによって,素地の処理,塗料の塗り方,乾燥の方法,塗膜形成後の処理方法などを選定して,工程を設計する。
  • 乾燥(drying,JIS K5500)
     塗付した塗料の薄層が,液体から固体に変化する過程の総称。塗料の乾燥機構には,溶剤の揮発,蒸発,塗膜形成要素の酸化,重合,縮合などがあり,乾燥の条件には,自然乾燥,強制乾燥,加熱乾燥などがある。また,乾燥の状態には,指触乾燥※1半硬化乾燥※2硬化乾燥※3などがある。
    ※1 指触乾燥とは,塗った面の中央に指先で軽く触れて,指先が汚れない状態。
    ※2 半硬化乾燥とは,塗面の中央を指先で静かに軽くこすって塗面にすり跡が付かない状態。
    ※3 硬化乾燥とは,塗面の中央を親指と人差指とで強く挟んで,塗面に指紋によるへこみが付かず,塗膜の動きが感じられず,また,塗面の中央を指先で急速に繰り返しこすって,塗面にすり跡が付かない状態。
  • 素地(substrate,JIS K5500)
     塗料が塗装される面。備考:素地は,未塗装表面,及び既塗装表面の両者を含む。生地下地も同義で用いられる。
  • 素地調整(surface preparation,JIS Z0103)
     塗料の付着性,及び防せい効果をよくするために,機械的,又は化学的に被塗装物体表面を処理し,塗装に適するような状態にすること。ケレンともいう。
  • さび度(rust grade,JIS K5500)
     清浄作業前の鋼材表面に形成されているさびの程度を説明する分類。さびの程度は,5段階に分けた写真によって評価する(JIS K 5600-8-3,JIS Z 0310参照)。
     鋼材表面を処理する前のミルスケールの付着程度,又はさびの発生程度(JIS Z0310)。
  • 清浄度(preparation grade,JIS K5500)
     ある(素地調整)方法によって得られる清浄仕上げの品質水準を説明する分類(JIS Z 0310,ISO 8501/1参照)。
     鋼材表面を処理した後の,被覆の付着を阻害するミルスケール,及びさび,塩類,油分などの汚れの除去程度(JIS Z0310)。
  • 除せい(錆)度(JIS Z0310)
     清浄度の中で,ミルスケール,及びさびの除去程度。

   ページのトップへ