防食概論:塗料・塗装

 技術用語関連のページ探しは
    “キーワード索引”

 関連機関へのリンク,防食関連書籍は
    “お役立ち情報”

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食・防食とは” ⇒ “塗料・塗装” ⇒

         乾燥時間(表面乾燥)

 JIS K 5500 「塗料用語」では,乾燥時間(drying time)とは,“塗料が乾燥(液体から固体に変化する過程の総称)するのに必要な時間”と定義されている。
 乾燥性の評価試験では,塗料に規定される条件下で,規定の時間経過した後に,塗膜の乾燥状態を評価することになる。
 一般的に,乾燥の条件には,自然乾燥,強制乾燥,加熱乾燥などがある。また,乾燥の状態には,指触乾燥(指で触っても指が汚れない程度),半硬化乾燥(指で軽くこすっても跡がつかない程度),硬化乾燥(指で強くつまんでもへこまず,強くこすっても傷つかない程度),表面乾燥(バロチニ法で落下させたガラス微粒子が付着せず傷つかない程度,上乾きともいわれ半硬化乾燥と同程度の状態)などの区分がある。
 
 次に, JIS K 5659 「鋼構造物用耐候性塗料」の“表面乾燥性”試験と評価法を紹介する。
 試験概要
   a) 試験板
 試験板は,JIS K 5600-1-4(2004)「塗料一般試験方法−第1部:通則−第4節:試験用標準試験板」の(5.5.2溶剤洗浄による調整)で調整した,大きさ200mm×100mm×2mmのガラス板を用いる。
 ガラス板は,JIS R 3202:2011「フロート板ガラス及び磨き板ガラス(Float glass and polished plate glass)」に規定する板ガラスとする。
  b) 試験片の作製
 試験板の片面に,すき間150μmのフィルムアプリケータを用いて,うすめ液を加えない試料を塗ったものを試験片とする。
 フィルムアプリケータの形状は,JIS K 5960「家庭用屋内壁塗料」の附属書 2(アプリケータ塗装)による。
   c) 試験方法
 表面乾燥性の試験方法は,JIS K 5600-3-2:1999「塗料一般試験方法−第3部:塗膜の形成機能−第2節:表面乾燥性(バロチニ法)Testing methods for paints−Part 3 : Film formability−Section 2 : Surface-drying test (Ballotini method)」による。
 バロチニ法とは,規定のガラス微粒子(バロチニ:目開き 250μmのふるいを通り,125μmのふりを通らない球状透明ガラス)を一定の高さから塗膜表面に落下させ,塗膜に付着するか否かで乾燥性を評価する方法である。
 乾燥は,JIS K 5600-1-1:1999「塗料一般試験方法−第1部:通則−第1節:試験一般(条件及び方法)Testing methods for paints−Part 1 : General rule−Section 1 : General test methods (conditions and methods)」の(常温乾燥)及び(低温乾燥)とし,常温乾燥では標準状態で規定時間乾燥した後に試験を行う。
 低温乾燥の場合は製品規定で定める温度と時間に保持し,その後に取り出して標準状態で20分間放置した後に,試験を行い,表面乾燥状態を目視によって観察する。
   d) 評価,及び判定
 表面乾燥状態の観察によって評価し,塗膜が表面乾燥(落下させたガラス微粒子が付着せず傷つかない程度)しているとき,それぞれ“表面乾燥する”とする。
 
 【参 考】
 乾燥性の試験規格には,他にJIS K 5600-3-3:1999「塗料一般試験方法−第3部:塗膜の形成機能−第3節:硬化乾燥性(Testing methods for paints−Part 3 : Film formability−Section 3 : Through-dry)」もある。
 ここで紹介した JIS K 5659「鋼構造物用耐候性塗料」では,JIS K 5600-3-2「表面乾燥性(バロチニ法)」を用いて表面乾燥を評価している。
 次項で紹介するJIS K 5551「構造物用さび止めペイント」では,JIS K 5600-1-1の(半硬化乾燥)を用いて半硬化乾燥を評価している。
 表面乾燥と半硬化乾燥は,評価手法が異なるため異なる用語となっているが,軽度の物理作用で容易に傷がつかない程度に乾燥した状態と,評価の目的は同じである。

 ページのトップへ