防食概論:塗料・塗装

 技術用語関連のページ探しは
    “キーワード索引”

 関連機関へのリンク,防食関連書籍は
    “お役立ち情報”

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食・防食とは” ⇒ “塗料・塗装” ⇒

         厚膜形ジンクリッチペイント

 JIS K 5553 「厚膜形ジンクリッチペイント」は,鋼材の防せい(錆)に用いる厚膜形ジンクリッチペイントについて規定している。
 厚膜形ジンクリッチペイントは,亜鉛末,及びアルキルシリケート,又はエポキシ樹脂(主剤,硬化剤),顔料,及び溶剤を主な原料としたものである。
 アルキルシリケートをビヒクルとした 1液 1粉末形の厚膜形無機ジンクリッチペイント(1種),及びエポキシ樹脂をビヒクルとした 2液 1粉末形,又は 2液形(亜鉛末を含む液と硬化剤)の厚膜形有機ジンクリッチペイント(2種)がある。2種の硬化剤にはポリアミド,アミンアダクトなどが用いられる。
 
 JIS K 5553 では,塗料の成分として,加熱残分中の亜鉛量を規定している。
 塗料の性状については,容器の中での状態,加熱残分を規定している。
 塗装作業に関連しては,乾燥時間,ポットライフ,厚塗り性が規定されている。
 塗膜形成機能として,塗膜の外観,耐衝撃性が規定されている。
 塗膜の性能や耐久性については,耐塩水噴霧性,耐水性,屋外暴露耐候性が規定されている。


JIS K 5553 厚膜形ジンクリッチペイントの品質
  項  目  1 種(無機) 2 種(有機)
  容器の中での状態    粉は微小で一様な粉末であるものとする。液はかき混ぜたとき堅い塊がなくて一様になるものとする。 
  乾燥時間 h     5以下    6以下 
  塗膜の外観    塗膜の外観が正常であるものとする。 
  ポットライフ    5時間で使用できるものとする。 
  耐衝撃性(デュポン式)    衝撃によって割れ及びはがれが生じてはならない。(500g,500mm) 
  厚塗り性    厚塗りに支障があってはならない。 
  耐塩水噴霧性    塩水噴霧に耐えるものとする。 
  耐水性    ―    水に浸したとき異常がないものとする。 
  混合塗料中の加熱残分(%)    70以上    75以上 
  加熱残分中の金属亜鉛(%)    75以上    70以上 
  屋外暴露耐候性    2年間の試験でさび,割れ,はがれ及び膨れがあってはならない。 

 ページのトップへ