腐食概論:腐食の基礎

 技術用語関連のページ探しは
    “キーワード索引”

 関連機関へのリンク,腐食関連書籍は
    “お役立ち情報”

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食防食とは“ ⇒ “腐食の基礎“ ⇒

  【均一腐食:汚染表面の濡れ】

 金属表面が飛来海塩粒子で汚染されている場合は,清浄表面の場合より低い相対湿度で厚い水膜に覆われる。この主な原因は,塩の潮解現象である。
 海水中の塩分の組成比は,海域が異なってもほぼ一定で,塩化ナトリウム( NaCl )77.9%,塩化マグネシウム( MgCl2 )9.6%,硫酸マグネシウム( MgSO4 )6.1%,硫酸カルシウム( CaSO4 )4%,塩化カリウム( KCl )2.1%,残分がその他成分となっている。

海塩付着鋼表面の相対湿度と水膜厚み

海塩付着鋼表面の相対湿度と水膜厚み
出典:押川渡,篠原正,元田慎一:“強電解質が吸水してできる水膜組成と水膜厚さの推定”,材料と環境,Vol.52, No.6 pp. 293-298(2003)

 常温(25℃程度)で各塩の潮解し始める相対湿度は,MgCl2 で約 33RH%,NaCl が約 75RH%,KCl では約 84%,MgSO4 で約 93%である。
 なお,硫酸カルシウム(いわゆる石膏)は,溶解度約2g/lと水にほとんど溶解しない。
 押川らは,模擬海塩( NaCl+MgCl2 )の付着した表面で,水膜厚みと相対湿度の関係を推定している。
 この結果を図に示す。水膜厚みは,MgCl2 の潮解が開始する相対湿度 33%で急増する。
 その後,NaClの潮解が始まる相対湿度 75%までは,MgCl2 水溶液の蒸気圧バランスに応じ緩やかに増加する。
 相対湿度が 75%に至ると,固体として残っていたNaClの潮解が開始するため,再度急激な水膜厚みの増加に至る。

   ページのトップ