腐食概論:鋼の腐食

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食防食とは“ ⇒ “鋼の腐食とは” ⇒

         【キャビテーション・コロージョン】

 金属表面に接触する液体の圧力が繰返し激しく変動する場合に,高速での気泡の発生・崩壊が,金属表面で生じる。
 気泡の破壊エネルギーがある一点に集中することで金属表面に損傷を与える。この現象をキャビテーション損傷という。
 これにより,金属表面の不動態皮膜などの酸化皮膜(保護被膜)が破壊され,新鮮な金属面の露出により腐食が進む。この現象をキャビテ-ション・コロージョン(cavitation corrosion)という。
 損傷事例には,ポンプのロータ,プロペラ,タービンのブレード,ディーゼルエンジンのシリンダー(水冷側)などの機械部品で観察される。
 対策としては,気泡の発生を避けるような設計変更,表面に弾性体を被覆する,腐食抑制剤を用いるなどがある。

  ページトップ