防食概論:塗料・塗装

 技術用語関連のページ探しは
    “キーワード索引”

 関連機関へのリンク,防食関連書籍は
    “お役立ち情報”

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食・防食とは” ⇒ “塗料・塗装” ⇒

         塗替え塗装管理(塗膜調査)

 塗替え塗装は,塗膜調査結果に基づいて計画される。塗替え塗装では,表層のみの変質で防食特性が維持された旧塗膜(活膜),防食特性の劣化した旧塗膜(劣化塗膜),及び鋼腐食に至った個所などの混在した面が対象となる。
 多くの鋼橋では,景観性能より防食性能を優先する。このため,塗膜調査においては,塗膜が破壊され腐食に至っている“さび”の程度,塗膜の防食機能が失われ,腐食に至る可能性が高くなっている“塗膜割れ”,“塗膜はがれ”の程度を中心に評価される。
 一部の限られた鋼橋では,景観性能を重視するものもある。この鋼橋では,上塗り塗膜の特性変化として“白亜化”の程度,“光沢”の変化,“色”の変化,及び“汚れ”が評価対象となる。
 次には,一般的な塗膜調査の概要を紹介する。JISに規格される具体的な塗膜劣化評価方法は次の項で紹介する。
 
 【塗膜調査のタイミング】
 鋼橋の定期点検(例えば,鉄道2年,道路2.5~5年)と同時に塗膜状態の調査を実施するのが一般的である。点検の基本は,橋梁周辺や橋台上からの目視評価(道路では写真判定を行う事業者もある)が中心である。
 稀ではあるが,塗替え塗装工事用の塗装足場を用いた詳細点検を行い,塗替え塗装計画の見直し(防食設計変更)を行う事例もある。
 
 【塗膜評価の手順と課題】
 評価対象になる変状は,防食性能に直接関与する“さび”,“塗膜割れ”,“塗膜はがれ”に分けて観察するのが一般的である。
 それぞれの変状は,構造部位別などある程度範囲を限定して,劣化程度の違いが分かる標準写真(見本写真)と対比しながら,その部位に評点(等級やレイティングナンバーともいう)を付ける。
 観察可能な部位をそれぞれ評価し,最後に,各部位の重要度を考慮しつつ評点を合計し,構造物全体としての塗膜劣化度を評価する。
 評点の付け方,その元となる標準写真は,構造物を維持管理する事業者が,それぞれで規定しているのが現状である。それぞれの機関で多少の違いはあるが,変状の大きさ密度,すなわち発生面積率で評点が区分されている。後で解説するJISにおける方法も同様に面積率で評点が区分されている。
 このため,現状の評価法は,全塗装面積に対する欠陥部の面積率での評価となるので,構造物の健全度に大きく影響する局部的な腐食や塗膜欠陥が問題となるときには,的確に評価できないという問題がある。
 そこで,鉄道などの一部事業者では,局部的な欠陥の評価と部分塗替え塗装を規定しているが,その方法は一般的ではない。

 

 ページのトップへ