腐食概論:鋼の腐食

 技術用語関連のページ探しは
    “キーワード索引”

 関連機関へのリンク,腐食関連書籍は
    “お役立ち情報”

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食防食とは“ ⇒ “鋼の腐食とは” ⇒

     【酸性雨の現状】  ☞  【酸性雨の成分由来】

 日本では,雨の水素イオン濃度(pH)が pH 5.6以下であるときに酸性雨と呼んでいる。
 中性の雨滴が降下中に,大気中の二酸化炭素を吸収(溶解)し pHが低下する。二酸化炭素の濃度が飽和に達した時の pH値( 5.6)を下回った場合には,他の酸性成分を含むと想定できるので,これを酸性雨と呼んでいる。
 しかし,この値を基準とすることについては異論も存在する。非人為的(火山活動,海塩粒子,土壌由来の粒子など)な条件でpH値の低下や変動があるためである。このため,米国などの諸外国には,pH 5.0以下を酸性雨と定義する国もある。
 
 環境省では,1988年から酸性雨や大気汚染関連の長期モニタリングを実施している。酸性雨に関しては,全国年平均で pH 5を切る状況がモニタリング開始時から継続しており,改善の兆しはみられていないのが現状である。
 モニタリング結果から,工業化の進む中国大陸から運ばれる汚染成分の影響で,酸性雨の状況改善が進まないと考えられている。
 参考資料 1) は,平成 24年に出された長期モニタリングの中間報告である。これには,平成 15年から 20年までの,全国 14地点の日単位の降水の pH分布(下図)が掲載されている。
 図によると,降水の大多数がpH 5.6以下であり,pH 4(鉄の水素発生腐食開始)を下回る降雨も計測されている。

日本の降水のpH分布

日本の降水のpH分布
出典:環境省「越境大気汚染・酸性雨長期モニタリング(平成20~22年度)中間報告」p.34(平成24年6月)


 【参考資料】
 1)「越境大気汚染・酸性雨長期モニタリング(平成 20~22年度)中間報告」平成 24年6月 環境省

  ページトップへ