防食概論:塗料・塗装

 技術用語関連のページ探しは
    “キーワード索引”

 関連機関へのリンク,防食関連書籍は
    “お役立ち情報”

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食・防食とは” ⇒ “塗料・塗装” ⇒

         防食塗装に用いる塗料

 鋼構造物の防食塗装に用いる塗料は,道路,鉄道,建築などの分野別に異なる名称がつけられている。
 混乱を避けるため,「 JIS の塗料製品規格」における塗料名称に対応した道路分野と鉄道分野の使用塗料の名称とその概要を紹介する。
 なお,鋼道路橋に用いる塗料は「鋼道路橋塗装・防食便覧」(以後は,便覧と略記する),鋼鉄道橋に用いる塗料は「鋼構造物塗装設計施工指針」(以後は,指針と略記する)に記載される塗料名称を用いた。

 

【プライマー】

 エッチングプライマー 2 種( JIS K 5633 )
 長ばく形エッチングプライマー(便覧,指針)
 主剤はビニルブチラール樹脂を主成分とし,添加剤は素地の金属と反応するためのリン酸を含む 2 液形の塗料で,素地調整を行った鋼面に直ちに塗装して一時的に防錆するためのものである。
 ジンクリッチプライマー 1 種( JIS K 5552 )
 無機ジンクリッチプライマー(便覧,指針)
 亜鉛末を主成分とする粉末と,アルキルシリケートを主成分とする液とからなる 2 液形の塗料で,素地調整を行った鋼面に直ちに塗装して一時的に防せいするためのものである。

 このページの“トップ”

【下塗り塗料】

 鉛・クロムフリーさび止めペイント( JIS K 5674 )
 鉛・クロムフリーさび止めペイント(便覧,指針)
 鉛化合物,及びクロム化合物を含まない顔料をさび止め顔料とし,ボイル油,及び/又は,フタル酸樹脂ワニスをビヒクルとした 1 液形の塗料で,下塗り塗装に使用するものである。
 厚膜形ジンクリッチペイント 1 種( JIS K 5553 )
 無機ジンクリッチベイント(便覧)
 厚膜型無機ジンクリッチペイント(指針)
 亜鉛末,アルキルシリケート,顔料,及び溶剤を主な原料とした,粉末と液からなる塗料で,鋼面に直接塗装して防せいするためのものである。
 厚膜形ジンクリッチペイント 2 種( JIS K 5553 )
 有機ジンクリッチベイント(便覧)
 厚膜型エポキシ樹脂ジンクリッチペイント(指針)
 亜鉛末,エポキシ樹脂,原料,硬化剤,及び溶剤を主な原料とした,2 液形または 1 粉末と 2 液からなる塗料で,鋼面に直接塗装して防せいするためのものである。
 構造物用さび止めペイント B 種( JIS K 5551 )
 エポキシ樹脂塗料下塗 A (便覧)
 厚膜型エポキシ樹脂系塗料(指針)
 エポキシ樹脂,硬化剤,顔料,及び溶剤を主な原料とした膜厚が約 60μmの厚膜形塗料で,下塗り塗装に使用するものである。
 便覧の A : 10℃以上で使用するもの
 低温( 5~ 20℃程度)時に適用できるものについて JIS 製品規格はないが,道路と鉄道では,反応硬化形ウレタン樹脂などを用いたエポキシ樹脂塗料下塗 B (便覧),厚膜型エポキシ樹脂系塗料低温用(指針)がある。
 構造物用さび止めペイント C 種 1 号( JIS K 5551 )
 変性エポキシ樹脂塗料下塗 A (便覧)
 厚膜型変性エポキシ樹脂系塗料(指針)
 反応硬化形変性エポキシ樹脂,硬化剤,顔料,及び溶剤を主な原料とした膜厚が約 60μmの厚膜形塗料で,10℃以上の施工環境で,下塗り塗装に使用するものである。
 JIS 製品規格,指針にはないが,便覧には,品質規格が同じで溶剤種の異なる弱溶剤形変性エポキシ樹脂塗料下塗 A がある。
 構造物用さび止めペイント C 種 2 号( JIS K 5551 )
 変性エポキシ樹脂塗料下塗 B (便覧)
 厚膜型変性エポキシ樹脂塗料低温用(指針) 
 反応硬化形変性ウレタン樹脂,硬化剤,顔料,及び溶剤を主な原料とした膜厚が約 60μmの厚膜形塗料で,施工環境が 5~ 20℃程度の低温時に適用でき,下塗り塗装に使用するものである。
 JIS 製品規格,指針にはないが,便覧には,品質規格が同じで溶剤種の異なる弱溶剤形変性エポキシ樹脂塗料下塗 B がある。

 このページの“トップ”

【中・上塗り塗料】

 合成樹脂調合ペイント 2 種中塗り用( JIS K 5516 )
 長油性フタル酸樹脂塗料中塗(便覧,指針)
 着色顔料,体質顔料,長油性フタル酸樹脂,溶剤等からなる 1 液形の塗料で,中塗の塗装に使用するものである。
 合成樹脂調合ペイント 2 種上塗り用( JIS K 5516 )
 長油性フタル酸樹脂塗料上塗(便覧,指針)
 着色顔料,体質顔料,長油性フタル酸樹脂,溶剤等からなる 1 液形の塗料で,上塗り塗装に使用するものである。
 鋼構造物用耐候性塗料中塗( JIS K 5659 )
 エポキシ樹脂またはポリオール樹脂,顔料,硬化剤,及び溶剤をおもな原料とした 2 液形の塗料で,中塗りの塗装に使用するものである。道路と鉄道では,使用する上塗り塗料に応じて,それぞれ次の名称での規格がある。
 ふっ素樹脂塗料用中塗(便覧)
 ポリウレタン樹脂塗料用中塗(指針)
 便覧には,品質規格が同じで溶剤種の異なる弱溶剤形ふっ素樹脂塗料用中塗(便覧)もある。
 鋼構造物用耐候性塗料上塗( JIS K 5659 )
 JIS製品規格では,塗料成分に関する規定はなく,上塗り塗膜としての促進耐候性,耐候性による品質等級のみが規定されている。
 道路,鉄道では,上塗り塗料として,ポリオール樹脂,顔料,硬化剤(ポリイソシアネート),及び溶剤をおもな原料とした 2 液形塗料として,
 ふっ素樹脂塗料上塗(便覧)
 ポリウレタン樹脂塗料上塗(指針)
 が規格されている。
 なお,便覧には,品質規格が同じで溶剤種の異なる弱溶剤形ふっ素樹脂塗料上塗(便覧)もある。

 このページの“トップ”