防食概論:防食の基礎

 技術用語関連のページ探しは
    “キーワード索引”

 関連機関へのリンク,防食関連書籍は
    “お役立ち情報”

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食防食とは“ ⇒ “防食の基礎” ⇒

          【塗料・塗装とは】

【防食塗装の変遷】
 塗料の歴史は古く,洞窟の壁画など意志の伝達手段として用いられ,その後に絵画(油絵の具)や物体の保護を目的に用いられるようになった。
 明治以前の物体の保護を目的とした塗装は,木材の腐食防止(防腐)と装飾を目的とする仕様が中心であった。
 日本では,古来よりを樹脂として用い,無機顔料で着色した塗料が用いられてきた。この塗料は,景観性に優れるのみならず,耐久性にも優れ,工芸品や寺社などの木造物の保護と美装に用いられてきた。
 例えば,日光東照宮では,平成の大修理(2007年~2024年)の第1期工事として,漆塗・彩色・錺金具の更新作業が行われている。前回の昭和の大修理(1950年~1986年)から20年以上,50年近くの歳月に耐えてきたことになる。

日光東照宮 平成の大修理

日光東照宮 平成の大修理
出典:日光東照宮HP(http://www.toshogu.jp/)

 鉄や鋼の防食を目的とした塗料・塗装の本格的な使用は,江戸末期から明治初期に輸入された塗料で,船舶や鉄橋などへ適用された。
 当時の日本には,さび止めペイントの製造技術がなく,明治中期まで防錆顔料 として鉛丹を用いた天然油脂製の高価なさび止めペイント西洋塗料と称されていた)を輸入して用いていた。
 明治初期に西洋塗料に関する研究が開始され,1881年(明治14年)には初めて国産の鉛丹さび止めペイントが光明社(後の日本ペイント株式会社)から発売された。
 その後,鉄道建設など近代化の推進により,明治末期から大正時代にかけて,多くの塗料会社が誕生したことで国産塗料が主流となった。
 昭和初期には,合成樹脂の研究が始まり,フタル酸樹脂を用いた塗料の採用や鉛丹さび止めペイントに代わる鉛系さび止めペイントが開発されている。
 その後は,鉛系さび止めペイントを下塗りとし,長油性フタル酸樹脂塗料を中塗り,上塗りに用いた,いわゆる油性系塗装仕様が,鋼の防食塗装の主役として1990年代まで活用され続けた。
 第二次世界大戦終了(1945年)後には,現在の主流であるエポキシ樹脂やポリウレタン樹脂などの合成樹脂に関する研究が大きく進んだ。これらの合成樹脂を用いた塗料・塗装技術が実用されたのは1970年代になってからである。

【塗料・塗装の得失】
 塗料・塗装は,施工時の制約が少ない,施工費用が比較的少い,色,光沢などの景観性能の自由度が高いなどの理由で,鋼の防食対策として,多くの分野で採用されている。
 しかし,他の防食対策に比較して,耐久性が必ずしも高くないため,数10年以上の耐用を求められる構造物などでは,複数回の補修(塗替え塗装)が求められる。

 なお,塗料の歴史や各種塗料の詳細については【塗料概論】で,塗装技術の紹介に関しては【塗装概論】で紹介する。

  ページのトップへ