腐食概論:鋼の腐食

 技術用語関連のページ探しは
    “キーワード索引”

 関連機関へのリンク,腐食関連書籍は
    “お役立ち情報”

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食防食とは“ ⇒ “鋼の腐食とは” ⇒

       【大気の腐食性(腐食度)】  ☞  【大気の腐食性評価】

【腐食度,侵食度の単位について】
 1年を平均太陽年(単位 a)の365.242日,鉄の密度を7.864g・cm-3とすると,腐食度,侵食度の関係は次のようになる。
   腐食度:1mdd=1mg・dm-2・d-1=36.524g・m-2a-1
   侵食度への換算:1mdd=0.004644mm・a-1=4.644μm・a-1
   ここに,dm=10cm,d:day,a:平均太陽年(365.242日)を示す。
 
 なお,年の記号として,過去には暦年を意味する y,yr又は yearが用いられてきた。しかし,正確性に欠け,用いない方が望ましいとされ,今日では,JIS等で平均太陽年を意味する a を用いている。
 
【腐食度と環境因子について】
 1960年代に,参考資料 1)などで,長期間暴露データの整理や腐食の予測に指数関数が適用できることが示された。その後,簡単な腐食予測式として次式が良く用いられている。
   腐食予測式: Y=A・tn
   ここに,Y:侵食量(mm), t:暴露期間,A,n:定数(鋼材種,環境因子に依存)である。
 
 式の性質上, Aは暴露 1年目の腐食量と考えがちである。しかし,参考資料 2)によると,実際には,暴露後の数年間は,さび層が安定しないため,暴露 1年後の試験結果を上式のAとすることには問題があるとしている。
 しかし,参考資料 2)では,数多くの暴露試験結果から環境因子(気象因子及び大気汚染因子)との相関を検討した参考資料 3)で提案される式 2)を用いて A を求めることに対して,一定の理解を示している。
 定数 n については,【腐食した鋼の腐食】で示した模式図のように,一般に普通鋼(構造用鋼など)で 0.5(放物線速度式になる)程度になり,耐候性鋼で 0.2~0.3になると言われている。
 しかし,参考資料 2)では,暴露試験結果との比較により, n が 1近くになる場合,すなわち 10年経過しても保護性のさびが形成されないこともあるとしている。

 【参考資料】
 1)陸上鉄骨構造物防食研究会:“各種金属材料および防錆被覆の大気腐食に関する研究(第5報) 金属素材類暴露5カ年の結果”,防蝕技術, Vol.16, No.4, pp.153-158(1967)
 2)増子昇:“環境汚染と金属の腐食”,生産研究, Vol.29, No.11, pp.557-560(1977)
 3)陸上鉄骨構造物防食研究会:“各種金属材料および防錆被覆の大気腐食に関する研究(第9報) 大気腐食量の実測値と計算値の考察”,防食技術, Vol.22, No.3, pp.106-113(1973)

  ページトップへ