防食概論:塗料・塗装

 技術用語関連のページ探しは
    “キーワード索引”

 関連機関へのリンク,防食関連書籍は
    “お役立ち情報”

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食・防食とは” ⇒ “塗料・塗装” ⇒

         新設時の塗装(第1層目)について 

 新設時の第 1層目の塗装では,1990年代まで主流であった鉛系さび止めペイントを用いた塗装仕様から大きく変化してきている。
 これは,鉛化合物の作業者の健康への影響や土壌汚染への懸念などを理由に,塗装仕様からの鉛・クロムフリー化が進んだためである。鉛・クロムフリー化とは,鉛化合物やクロム化合物を使用しない塗料への変更を意味する。
 現在の鋼橋塗装では,第 1層目に無機ジンクリッチプライマー厚膜形無機ジンクリッチペイント,又は厚膜形有機(エポキシ樹脂)ジンクリッチペイントを用いる塗装系が主流になっている。
 素地調整後直ちに実施する第 1層目の塗装に際して,特に留意すべき項目を次に示す。なお,塗装作業で留意すべき一般的事項については,次の(塗装作業)で紹介する。
 
 塗料の確認
 塗料の開缶まえに,保管期間が規定期間を超えていないこと,規定された塗料であるかなどを,塗料メーカが提出する試験成績書などで確認する。
 多液形塗料は,規定される方法で正確に配合・混合する。溶剤による希釈は,塗料ごとに定められる希釈範囲で適切な粘度範囲に調整する。塗料混合後は,塗料に指定される熟成時間を守る。
 
 気象条件の確認
 施工時は,気象条件が,塗料ごとに定められる施工禁止条件に抵触しないこと,さらには塗装後しばらくの間(半硬化乾燥状態になるまで)に,気象条件の大幅な変動がないことも確認しておく。
 特に,第 1層目に用いる塗料として,無機ジンクリッチペイントを用いる場合は,他の塗料とは異なる条件が求められるので注意する。
 無機ジンクリッチペイントは,【塗料各論:ジンクリッチ塗料の硬化特性で解説するように,大気中の水分と反応して硬化が進む材料である。
 具体的には,気温 2℃未満の場合,及び相対湿度 50%未満では,必要な速度で硬化反応が進まない材料である。このため,塗装中及びその後の第 2層目が塗装されるまでの間に,気温 2℃以上,及び相対湿度 50%以上(かつ80%以下:素地調整時の制約)の条件が確保できることを確認しなければならない。
 
 先行塗装
 隅部,角部,ボルト・ナット部など,刷毛での塗装で解説したように,塗料の表面張力の影響で十分な厚みを確保できない個所は,本塗装の前に刷毛で先行塗装する。
 先行塗装個所が,少なくとも指触乾燥状態まで硬化が進んだ後に,スプレー塗りで全面塗装を行う。従って,先行塗装した個所は,塗料を 2回塗りしたことになる。
 ※:指触乾燥とは,塗った面の中央に指先で軽く触れて,指先が汚れない状態をいう。

 ページのトップへ