防食概論:塗料・塗装

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食・防食とは” ⇒ “塗料・塗装” ⇒

         道路・塗替え・亜鉛めっき面用

 【適用範囲】(便覧 Ⅱ-94ページなど)
 赤さびが発生した溶融亜鉛めっき鋼材の防食方法を塗装に変更する場合は, Rc-1 塗装系を適用するとよい。
 部分的な補修塗装の場合には,素地調整程度 1 種で鋼材素地を露出させ,亜鉛めっき用エポキシ樹脂塗料下塗を用いた Rzc- I 塗装系を適用するとよい。
 金属溶射皮膜が剥がれたり,赤さびが発生した金属溶射した鋼材の補修を塗装で行う場合は,Rc- I 塗装系を適用するとよい。
 
 【 Rzc-Ⅰ 塗装系】
 【塗装仕様】
 【素地調整】
 1 種(ブラスト処理 除錆度 Sa 1 )
 
 【下塗り】
 素地調整後直ちに
 亜鉛めっき面用エポキシ樹脂塗料下塗:使用量 200g/m2(スプレー塗り)
 【中塗り】
 下塗り塗装後 1 日以上 10 日以内,全面塗り付け
 弱溶剤形ふっ素樹脂塗料用中塗:使用量 170g/m2(スプレー塗り)
 【上塗り】
 中塗り塗装後 1 日以上 10 日以内,全面塗り付け
 弱溶剤形ふっ素樹脂塗料上塗:使用量 140g/m2(スプレー塗り)

 このページの“トップ”