防食概論:塗料・塗装

 技術用語関連のページ探しは
    “キーワード索引”

 関連機関へのリンク,防食関連書籍は
    “お役立ち情報”

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食・防食とは” ⇒ “塗料・塗装” ⇒

        品質試験の項目と手順

 JIS 規格に規定される防食塗装用の下塗り,中塗り,及び上塗り塗料について,品質項目と試験方法をまとめて下表に示す。
 なお,項目欄の赤字の項目は,本サイト【塗料の評価】で紹介する項目である。種別「塗膜の性能・耐久性」の品質項目については,別途【塗膜の評価】で紹介する。
 なお,下・中・上塗り欄に示す記号は,○:全ての塗料に規定あり,△:一部の塗料に規定あり,×:規定なしを意味する。
 次項からは,品質試験・評価法の具体的な適用について,JIS K 5551「構造物用さび止めペイント」,及びJIS K 5659「鋼構造物用耐候性塗料」の内容を中心に紹介する。

              

防食塗料に規格される品質項目の種別と試験方法のまとめ
  種  別   項  目  試験方法 下塗 中塗 上塗
  塗料の性状    容器の中での状態    JIS K 5600-1-1の4.1(容器の中の状態)    ○    ○    ○ 
  加熱残分(%)    JIS K 5601-1-2    △    ○    ○ 
  低温安定性(-5℃)    JIS K 5600-2-7の4.(低温安定性)    △    ×    × 
  塗装作業性    塗装作業性    JIS K 5600-1-1の4.2(塗装作業性)    △    △    ○ 
  乾燥時間,表面乾燥性    JIS K 5600-3-2    △    ○    ○ 
  指触乾燥性,半硬化乾燥    JIS K 5600-1-1の4.3.(乾燥時間)    △    △    △ 
  ポットライフ    JIS K 5600-2-6    △    △    △ 
  隠ぺい率    JIS K 5600-4-1の4.1.2方法B(隠ぺい率)    ×    ○    ○ 
  塗膜形成機能    塗膜の外観    JIS K 5600-1-1の4.4(塗膜の外観)    ○    ○    ○ 
  上塗り適合性    塗料規格(JIS K 5551)に定める方法    △    ○    × 
  耐衝撃性,耐おもり落下性(デュポン式)    JIS K 5600-5-3    △    △    △ 
  耐屈曲性(円筒形マンドレル法)    JIS K 5600-5-1    △    △    △ 
  層間付着性    塗料規格(JIS K 5659)に定める方法    ×    △    △ 
  付着安定性   塗料規格(JIS K 5674)に定める方法    △    ×    × 
  付着性    JIS K 5600-5-6    △    ×    × 
  重ね塗り適合性    JIS K 5600-3-4    ×    ×    △ 
  塗膜の性能・耐久性    耐塩水性,耐水性,耐アルカリ性,
耐酸性,耐揮発油性 
  JIS K 5600-6-1の7.(浸漬法)    △    △    ○ 
  屋外暴露耐候性    JIS K 5600-7-6    ○    ×    ○ 
  サイクル防食性    JIS K 5600-7-9    △    △    × 
  促進耐候性    JIS K 5600-7-7    ×    ×    ○ 
  鏡面光沢度    JIS K 5600-4-7    ×    ×    ○ 
  耐湿潤冷熱繰返性    JIS K 5600-7-4    ×    △    △ 
  耐塩水噴霧性    JIS K 5600-7-1    △    ×    × 
  耐熱性    塗料規格(JIS K 5551)に規定する方法    ×    △    × 
  促進黄色度    JIS K 5600-4-5    ×    ×    △ 

 ページのトップへ