防食概論:塗料・塗装

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食・防食とは” ⇒ “塗料・塗装” ⇒

         一般外面・塗装系BSU

 【適用範囲】指針 Ⅰ-解-6 ページ)
 塗装系 BSU は,工事桁,定期交換部材などの 5 年程度の短期使用を目的とした鉄桁等鋼構造物に適用することを前提としている。このため,高い防食性能を期待していない。
 また,このような構造物では,施工コストの縮減が大きな課題となる。そのため,景観性能を重視しない場合や腐食性の低環境で鋼の腐食を許容する場合などには,中・上塗り塗装を省略することもできる。
 
 【塗装仕様】
 原板(製鋼工場)
 
 【素地調整】
 黒皮鋼板のまま,又はブラスト処理
 ブラスト処理の場合は,除錆度: ISO Sa2 1/2 以上,表面粗さ: 10 点平均粗さ 80μmRzJIS 以下
 【プライマー】
 ブラスト処理後 4 時間以内に,
 鉛・クロムフリー長ばく形エッチングプライマー:使用量 130g/m2(膜厚 15μm)
 プライマーの膜厚は総合膜厚に加えない。
 
 橋梁製作工場
 【 2 次素地調整】
 ・ブラスト処理しプライマーを塗装した原板は,さびやプライマー塗膜損傷部のみを部分ブラスト処理
 ・黒皮鋼板のまま組み立てた場合は,ブラスト処理で,
 除錆度: ISO Sa2 以上,表面粗さ: 10 点平均粗さ 50μmRzJIS 程度とし,
 直ちに鉛・クロムフリー長ばく形エッチングプライマー塗り付け(標準使用量 130g/m2
 【下塗り】
  プライマー塗装後 12 時間以上,3 カ月以内
 鉛・クロムフリーさび止めペイント:使用量 170g/m2(膜厚 35μm)
  ①塗装後 2 日以上,1 カ月以内
 鉛・クロムフリーさび止めペイント:使用量 170g/m2(膜厚 35μm)
 
 橋梁製作工場,又は橋梁架設現場
 【中塗り】
 工場塗装では 2 日以上,1 カ月以内,現場塗装では下塗り塗装後 2 日以上,6 カ月以内
 長油性フタル酸樹脂塗料中塗:使用量 140g/m2(工場), 110g/m2(現場)(膜厚 30μm)
 【上塗り】
 中塗り塗装後 1 日以上,15 日以内
 長油性フタル酸樹脂塗料上塗: 使用量 130g/m2 (工場), 105g/m2 (現場)(膜厚 25μm)
 
 【備考】
 使用量は,工場塗装ではスプレー塗りの場合を,架設現場塗装は,刷毛・ローラ塗りの場合を示す。

 このページの“トップ”