腐食概論:鋼の腐食

 技術用語関連のページ探しは
    “キーワード索引”

 関連機関へのリンク,腐食関連書籍は
    “お役立ち情報”

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食防食とは“ ⇒ “鋼の腐食とは” ⇒

            【濡れについて】

 鋼腐食に影響する濡れ時間を,ISO 9223「Corrosion of metals and alloys -corrosivity of atmospheres-Classification」では,「 0℃よりも高い気温のときに,相対湿度が 80%以上であるときの時間」と定義している。この定義は,一般的な感覚である目視で明らかな濡れに加えて,前章の「水分子の吸着」による水膜の形成を含んだ概念である。
 ここでは,狭義の濡れ,すなわち一般的な感覚である目視で確認できる濡れの中から,降雨を除き,水膜厚みが 1μm以上となるの衝突や結露などによる濡れについて扱う。霧の発生や結露は,基本的に大気,及び固体物質の温度変化に伴う現象である。
【霧】
 霧とは,水蒸気を含んだ大気の温度が何らかの理由で下がり,露点温度に達し水蒸気が小さな水粒となって空中に浮かんだ状態である。
 霧には,放射冷却による気温低下で露点温度に達し発生する放射霧,外気温が川や海の水温より下がり発生する蒸気霧がある。いずれも秋から春にかけて観察されることが多い。
【結露】
 結露とは,固体物質の表面,または内部が外気温より低い温度(露点温度以下)になったとき,固体表面に空気中の水蒸気が凝縮する現象である。
 夏季に水道管表面が結露する場面を経験するが,これは外気温に比較して水道管自体が露点以下の低い温度のために起きている。
 その他多くの陸上構造物において,結露は放射冷却による構造物の温度変化又は/及び外気温変化の結果として発生する。
 
【参考】
 水蒸気を含む空気を冷却したとき,凝結が始まる温度を露点温度(dew point)という。

  ページトップへ