腐食概論:鋼の腐食

 技術用語関連のページ探しは
    “キーワード索引”

 関連機関へのリンク,腐食関連書籍は
    “お役立ち情報”

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食防食とは“ ⇒ “鋼の腐食とは” ⇒

         【簡便な腐食環境区分】

 参考資料 1)での検討結果を参考に,金属の腐食環境について,大気汚染程度を考慮した簡便な区分を次に示す。
 日本は,周囲を海で囲われているので,多くの地域で何らかの海塩粒子の影響を受ける。海塩粒子以外に金属の腐食に影響する大気汚染物質としては,硫黄化合物,塵埃などが考えられる。
 そこで,金属腐食に与える影響を考慮した環境区分では,海塩粒子それ以外の因子の多少で区分することができる。厳密さを欠くが,概略の腐食性を見積もる際の参考にできる簡便な方法である。

    【海塩粒子以外の因子による区分】
  • 大都市・工業地域
     生産・商業活動,生活活動に伴う人工的大気汚染物質の多い地域。
     なお,日本では,大気汚染防止法の効果により,前項のISO 9223の典型的環境例で紹介した大都市や工業地域ほどの腐食性はない。
  • 地方都市,田園,山間地域
     人工的な大気汚染物質の少ない地域。
  • 火山・温泉(硫黄温泉)地域
     自然現象による大気汚染物質(硫化水素ガスなど)の多い地域。
    【海塩粒子による区分】
  • 海上地域
     海水面に近いほど海塩粒子の影響が大,海水面近傍はしぶきの影響を受け,激しい腐食環境となる。海水面から数十mを超える高さでは,海塩粒子の影響が小さくなり,海浜地域程度,若しくはそれ以下となる。
  • 海浜地区
     海岸線から300m以内の地域。飛来する海塩粒子の影響が最も厳しい地域である。海岸線との間に,建築物や森林等の障害物があると海塩粒子の影響は激減する。
  • 沿岸地域
     海岸線から300mを越えて2km 以内の地域。飛来する海塩粒子の影響が比較的大きい地域である。南西諸島の島などは,海岸線から2kmを越えても,台風の影響などで飛来海塩粒子が多く,島全体を海浜地区と考えるのが望ましい。
  • 準沿岸地域
     海岸線から2kmを越えて20km以内の地域。飛来する海塩粒子の影響/font>が比較的小さい地域。
  • 内陸地区
     海岸線から20kmを越えた地域。飛来する海塩粒子の影響が無視できる地域である。
  【気候の違いによる区分】
 日本列島を季節風・気温・湿度などの気象条件の異なる次の9地域に区分することも有用である。
 a) 北海道・西(北海道の日本海側)
 b) 北海道・東(オホーツク海,太平洋側)
 c) 太平洋・北(伊豆半島以北の太平洋側・甲信地方)
 d) 太平洋・南(東海・中部・近畿・四国・九州地方の太平洋側)
 e) 瀬戸内海(四国・中国・九州地方の瀬戸内海側)
 f) 日本海・北(能登半島以北の日本海側)
 g) 日本海・南(福井・近畿・中国地方の日本海側)
 h) 九州・西(玄界灘に面した九州西部)
 i) 南西諸島(鹿児島県の南部の島から琉球列島に属する島)
 
【参考資料】
 1)社団法人日本建材産業協会:“経済産業省委託:鉄鋼系社会資本材料の耐候性・耐食性試験評価方法に係わる調査研究”,平成8 年度報,平成11年度報告

  ページトップへ