防食概論:防食の基礎

 技術用語関連のページ探しは
    “キーワード索引”

 関連機関へのリンク,防食関連書籍は
    “お役立ち情報”

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食防食とは“ ⇒ “防食の基礎” ⇒

         【溶射被膜の品質】

 JIS H 8300「亜鉛,アルミニウム及びそれらの合金溶射」を参考に,鋼構造物で用いられる溶射被膜の品質に影響する要因について解説する。
 鋼橋など鋼構造物にでは,亜鉛溶射,及び15%アルミニウム-亜鉛合金溶射の使用が一般的である。現場溶射では,15%アルミニウム-亜鉛合金溶射と同じ比率でアルミニウムと亜鉛を同時に溶射する方法(擬合金溶射などと称するが,合金ではない)もある。
 これらの溶射被膜は,溶融めっきと同様の原理で鋼の防食に寄与する。従って,溶射被膜に期待する耐久性は,めっき被膜と同様に素地との密着性の影響を大きく受ける。さらに,溶射被膜の特性である封孔処理の品質の影響大きい。
 素地との密着性は,素地調整の品質,すなわち鋼表面の清浄度と適切な粗度に影響される。さらに,素地調整後溶射作業に至るまでの時間や施工場所の環境条件など施工管理にも大きく影響される。

 JIS H 8300 附属書 B には,使用環境別に,溶射被膜の最小厚さが推奨されている。次には,都市地帯と大気海洋環境を抜粋して示す。なお,最小皮膜厚さは,実用上で問題を起こさない最小厚みの推奨値であり,耐久性を保証するものではない。
 都市地帯
  裸 仕 様 :Zn 99.99(100μm),ZnAl 15(100μm),Al 99.5(150μm),AlMg 5(150μm)
  塗装仕様 :Zn 99.99( 50μm) ,ZnAl 15( 50μm),Al 99.5(100μm),AlMg 5(100μm)
 大気海洋環境
  裸 仕 様 :Zn 99.99(150μm),ZnAl 15(150μm),Al 99.5(200μm),AlMg 5(250μm)
  塗装仕様 :Zn 99.99(100μm),ZnAl 15(100μm),Al 99.5(100μm),AlMg 5(200μm)

【溶射関連のJIS規格】
  JIS Z 0312 「ブラスト処理用非金属系研削材」
  JIS Z 0313 「素地調整用ブラスト処理面の試験及び評価方法」
  JIS Z 0311 「ブラスト処理用金属系研削材」
  JIS H 8200 「溶射用語」
  JIS H 8260 「溶射用粉末材料」
  JIS H 8261 「溶射用の線材,棒材及びコード材」
  JIS H 8300 「亜鉛,アルミニウム及びそれらの合金溶射」
  JIS H 8401 「溶射被膜の厚さ試験方法」
  JIS H 8402 「溶射皮膜の引張密着強さ試験方法」

  ページのトップへ