防食概論:防食の基礎

 技術用語関連のページ探しは
    “キーワード索引”

 関連機関へのリンク,防食関連書籍は
    “お役立ち情報”

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食防食とは“ ⇒ “防食の基礎” ⇒

          【構造対策とは】

構造例

構造例

 大気腐食環境は,基本的には,構造物の架設地周辺の環境に支配される。従って,その環境を人為的に制御することは不可能である。
 しかし,構造物の構造に密封,又は疑似密封にできる部位がある場合には,その内部の環境を人為的に制御できる。
 構造面で密封,又は疑似密封状態にできるのは,箱型に接合された構造の内部(密封又は疑似密封),周りを覆われたケーブル内部(疑似密封),気体や液体の貯蔵設備(密封),気体や水の循環設備(疑似密封)の内部などである。
 
 箱型構造(箱桁,橋脚,船舶内部など)
 小型の構造では,全溶接で内部を完全な密封状態に構成できる。
 しかし,中・大型構造では,完全密封にすることで,外気温等の温度変化,圧力変化による不具合(寸法変化など),内部の変状検査ができないなど不都合が大きくなる。そこで,この種の構造では,結露水を抜くためや圧力調整用の小孔や点検用の通路を設けている。
 このため,風雨の自由な出入りはないが,温度変化による空気の出入りがある(疑似密封状態)。疑似密封状態では,空気の出入りによる内部の結露や高湿度状態による腐食が懸念される。
 ケーブル
 斜張橋や吊り橋では,荷重をケーブルで支持している。ケーブルの防食に,防せいグリースや塗料をケーブル素線の空隙に充填するなどの対策が施されている。しかし,長大橋になると,ケーブル自体が大きく,表面からのグリースや塗料の注入では,内部まで完全に充填することができない。従って,ケーブルの外表面にカバーを設けることで,内部を疑似密封空間にできる。
 
 環境制御の考え方
 完全密封空間は,腐食に影響する環境因子の出入りがないため,適切な施工で半永久的な防食が可能である。
 疑似密封空間では,何らかの防食対策が必要になる。防食対策の選択肢の一つに,環境因子である水分量や酸素濃度の制御がある。

  ページのトップへ