防食概論:塗料・塗装

 技術用語関連のページ探しは
    “キーワード索引”

 関連機関へのリンク,防食関連書籍は
    “お役立ち情報”

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食・防食とは” ⇒ “塗料・塗装” ⇒

          JIS K 5600-7-9 サイクル腐食試験

 サイクル腐食性は,環境因子繰り返し性の一種で,塩水噴霧,乾燥,湿潤などの条件を組合せ,金属腐食因子(水,酸素,塩など)の繰り返しに耐えて,素地金属を保護する塗膜の性質を評価する試験である。
 【 JIS 試験規格概要】
 JIS K 5600-7-9 :2006 「塗料一般試験方法−第 7 部:塗膜の長期耐久性−第 9 節:サイクル腐食試験方法塩水噴霧/乾燥/湿潤(Testing methods for paints−Part 7 : Long-period performance of film−Section 9 : Salt fog/dry/humidity)」,詳細は,【塗料・塗装関連の JIS 試験規格一覧】の JIS K 5600-7-9 で紹介する。
 【適用範囲】
 この規格は,塩水噴霧・乾燥・湿潤のサイクルに対する塗膜の耐久性を評価する方法について規定する。
 【序文】
 この規格は,1998 年に第 1 版として発行された ISO 11997-1 ,Paints and varnishes−Determination of resistance to cyclic corrosion conditions −Part 1 : Wet (Salt fog) /dry/humidity を翻訳し,技術的内容及び規格票の様式を一部変更して作成した日本工業規格である。
 【項目一覧】
 1. 適用範囲
 2. 引用規格
 3. 定義
 4. 試験溶液
 5. 装置
 6. 試料のサンプリング
 7. 試験板
 8. 試験片の暴露方法
 9. 操作条件
 10. 手順
 11. 試験片の評価
 12. 精度
 13. 試験報告
 附属書 A (規定)必要な捕捉情報
 附属書 B (参考)塩水噴霧キャビネットの設計及び構造で考慮すべき要因
 附属書 C (規定)サイクル A
 附属書 D (規定)サイクル B
 附属書 E (規定)サイクル C
 附属書 1 (規定)サイクル D
 【サイクル条件 概要】
 サイクル A :塩水噴霧( 35±1℃,2 時間),乾燥( 60±1℃,20~30%RH,4 時間),湿潤( 50±1℃,95%RH以上,2 時間)
 サイクル B :塩水噴霧( 35±2℃,24 時間),{湿潤( 40±2℃,100%RH,8 時間),乾燥( 23±2℃,50±20%RH,16 時間)} 4 回,乾燥( 23±2℃,50±20%RH,48 時間),
 サイクル C :塩水噴霧( 25±2℃~ 35±2℃,3.5 時間),乾燥( 40±2℃,3.5 時間),湿潤( 40±2℃,75±15%RH,24.5 時間),乾燥( 25±2℃~ 35±2℃,1.7 時間),塩水噴霧( 25±2℃~35±2℃,3.5 時間),乾燥( 35±2℃,3 時間),乾燥( 25±2℃,2 時間),
 サイクル D :塩水噴霧( 30±2℃,0.5 時間),湿潤( 30±2℃,95±3%RH,1.5 時間),乾燥( 50±2℃,2 時間),乾燥( 30±2℃,2 時間)
 一般的には,サイクル D の適用例が多い。

 このページの“トップ”