防食概論:塗料・塗装

 技術用語関連のページ探しは
    “キーワード索引”

 関連機関へのリンク,防食関連書籍は
    “お役立ち情報”

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食・防食とは” ⇒ “塗料・塗装” ⇒

         合成樹脂調合ペイント2種中塗り用

  JIS K 5516「合成樹脂調合ペイント」は,建築物(鉄部,木部)及び鉄鋼構造物の中塗り,又は上塗りに用いる合成樹脂調合ペイントについて規定している。
 合成樹脂調合ペイントとは,着色顔料・体質顔料などを,主に長油性フタル酸樹脂ワニスで練り合わせて作った液状・自然乾燥性の塗料である。
 中塗り塗料の規格は,大形鉄鋼構造物を対象とする 2 種中塗り用である。
 
 JIS K 5516「合成樹脂調合ペイント」2種中塗り用では,塗料の成分を規定する項目はないが,JIS 適用範囲の参考欄には,長油性フタル酸樹脂ワニスを用いた材料と記述されている。
 塗料の性状については,容器の中での状態,加熱残分を規定している。
 塗装作業に関連しては,塗装作業性,表面乾燥性(乾燥時間),指触乾燥性(乾燥時間),隠ぺい率が規定されている。
 塗膜形成機能として,塗膜の外観,上塗り適合性が規定されている。
 塗膜の性能や耐久性についての規定はない。


JIS K 5516「合成樹脂調合ペイント」2種中塗り用
  項  目   2種中塗り用
  容器の中での状態    かき混ぜたとき,堅い塊がなくて一様になるものとする。 
  塗装作業性    はけ塗りで塗装作業に支障があってはならない。 
  乾燥時間(表面乾燥性)    16時間以内 
  指触乾燥性    1時間以下で指触乾燥してはならない。 
  塗装作業性    はけ塗りで塗装作業に支障があってはならない。 
  隠ぺい率 %(白及び淡彩(1) )    85以上 
  上塗り適合性    上塗りに支障があってはならない。 
  加熱残分 %    65以上 
注(1) :淡彩とは,白エナメルを主成分として作った塗料の塗膜に現れる灰色,桃色,クリーム色,うすい緑及び水色などのようなうすい色で,JIS Z 8721「色の表示方法−三属性による表示」による明度 V が 6以上 9未満のものをいう。

 ページのトップへ