腐食概論:鋼の腐食

 技術用語関連のページ探しは
    “キーワード索引”

 関連機関へのリンク,腐食関連書籍は
    “お役立ち情報”

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食防食とは“ ⇒ “鋼の腐食とは” ⇒

           【鉄鋼の大気腐食(屋内)】

 大気腐食の特徴は,淡水中や海水中の連続した濡れ環境と異なり,断続的な濡れ乾燥繰り返しの環境で腐食することにある。
 大気腐食といった場合には,屋外環境での腐食を扱うのが通例である。しかし,屋内環境の腐食も無視できない場合が少なくない。
 腐食の観点から,屋内環境を分類すると,ビル,家屋などの居住環境,工場環境,倉庫環境に分けることができる。
 
【居住環境】
 居住環境では,水回りを除いて,概して相対湿度が低く,汚染物質の濃度も低い。しかし,浴室,厨房では高湿度状態が長い時間維持される。厨房では,塩水飛沫,汚染ガスの発生も考えられる。
 トイレでは,ガス成分として,アンモニア,メタンチオール(メチルメルカプタン),硫化水素,二酸化硫黄などが検出されている。
 排せつ時に発生する硫化水素濃度は 0.4~2ppm(埼玉県の悪臭防止法に基づく排出口の許容濃度 0.02ppm)程度と言われている。1回当たりのガス発生量は少ないが,トイレの換気が不十分な場合は金属の腐食に影響する可能性が考えられる。
 
【工場環境】
 工場環境は,あえて解説する必要はないと考えるが,生産工程で発生する腐食性成分や塵埃が金属腐食に影響する。特に,酸水溶液のミスト塩化水素などの腐食性ガスに注意が必要である。
 筆者は,機械洗浄に用いていた塩素系有機溶剤が気化し,吸着した金属表面での塩酸生成の化学反応で,激しい腐食に至った事例を経験している。
 
【倉庫環境】
 保管するものによっては,塩害結露などに注意が必要である。
 海産物を扱う倉庫では,多量の塩,及び塩水が使用されるので,排水設備,通路近辺での塩水やその飛沫付着による腐食に留意しなければならない。
 空調が必要な物品を扱う倉庫では,空調された倉庫内と外気との温度差により,壁内部や出入り口近辺において,結露による腐食に留意しなければならない。

  ページトップへ