防食概論:塗料・塗装

 技術用語関連のページ探しは
    “キーワード索引”

 関連機関へのリンク,防食関連書籍は
    “お役立ち情報”

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食・防食とは” ⇒ “塗料・塗装” ⇒

         JIS K 5600-8-3 さびの等級

 塗装金属のさび発生が,均一,全面で生じるのは極まれである。一般的には,塗膜欠陥部(初期欠陥部,塗膜劣化部など)を中心に,下地の金属が局部的,不連続に腐食する。
 このため,腐食発生程度(さびの等級)は,腐食面積の割合とそれぞれの腐食個所の代表的な大きさで評価される。
 
 JIS K 5600-8-3:2008「塗料一般試験方法−第8部:塗膜劣化の評価−第3節:さびの等級」Testing methods for paints-Part 8: Evaluation of degradation of paint coatings-Section 3: Designation of degree of rusting
 【 JIS 規格概要】
 【適用範囲】
 この規格は,塗膜の“さび”の程度を,基準図版による等級見本と比較し,評価して,等級付けをする方法について規定する。
 この規格で規定する基準図版は,塗膜を貫通したさび,及び明らかな塗膜下からのさびとの組合せによって,種々の等級に劣化させた塗装鋼板面の状態を示す。
 注記 1 :基準図版は,欧州塗料印刷インキ絵具工業会連合会 ( CEPE ) によって発行された,“さびの等級”から選択した図版である。この規格のさびの等級と,CEPE のさびの等級との関係を,表B.1 に示す。
 注記 2 :この規格のさびの等級と,ASTM D 610,Standard Practice for Evaluating Degree of Rusting on Painted Steel Surfacesの鋼板面のさびの等級との関係を,表B.2 に示す。
 注記 3 無塗装の鋼板の,表面のさびの形成は, ISO 8501-1 ,Preparation of steel substrates before application of paints and related products – Visual assessment of surface cleanliness – Part 1: Rust grades and preparation grades of uncoated steel substrates and of steel substrates after overall removal of previous coatingsに従って示す(さびの等級 A,B,C 及び D )。
 
 【序文】
 この規格は,2003 年に第 2 版として発行された ISO 4628-3 ,Paints and varnishes−Evaluation of degradation of coatings−Designation of quantity and size of defects ,and of intensity of uniform changes in appearance−Part 3: Assessment of degree of rusting を基に,技術的内容及び対応国際規格の様式を変更することなく作成した日本工業規格である。
 【用語及び定義】
 さびの等級 R i (degree of rusting)
 塗膜のさびの生成(塗膜を貫通したさび及び明らかな塗膜下からのさび)の程度による等級。
 
 【項目一覧】
 1. 適用範囲
 2. 引用規格
 3. 用語及び定義
 4. 評価
 5. 結果の表示
 6. 試験報告
 附属書 A (規定)校正画像
 附属書 B (参考)この規格の等級システムと他の等級システムとの相関
 
 【抜粋した情報】
 評価
 基準図版によって,塗膜上のさび Ri の等級付けをする。
 さびの面積率(%)と基準図版によるさびの等級( Ri )との関係
  Ri 0 : 0%
  Ri 1 : 0.05%
  Ri 2 : 0.5%
  Ri 3 : 1%
  Ri 4 : 8%
  Ri 5 : 40~ 50%
 
 結果の表示
 それぞれの部分別にさびの等級を表示する。必要があれば,さびの等級( Ri 等級表示)と共に,さびはん(斑)点の大きさを表示する。
 例えば,さびの面積( Ri 3)と一致し,さびはん(斑)点の大きさが 0.5mm~ 5mmの範囲の場合,JIS K 5600-8-1 「一般的な原則と等級」の大きさの等級 4( 0.5 mm~ 5 mm)に該当するので
  “さび:さびの等級 Ri 3 ( S4 )”
 と表示する。
 
 【附属書 B 抜粋】
 表 B.1( CEPEのさびの等級( Re )との関係)
  Ri 0 = Re 0
  Ri 1 = Re 1
  Ri 2 = Re 2
  Ri 3 = Re 3
  Ri 4 = Re 5
  Ri 5 = Re 7
 
 表 B.2( ASTM のさびの等級との関係)
  Ri 0 = 10
  Ri 1 = 9
  Ri 2 = 7
  Ri 3 = 6
  Ri 4 = 4
  Ri 5 = 1~2

 このページの“トップ”