防食概論:防食の基礎

 技術用語関連のページ探しは
    “キーワード索引”

 関連機関へのリンク,防食関連書籍は
    “お役立ち情報”

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食防食とは“ ⇒ “防食の基礎” ⇒

          【防食設計(維持管理条件)】

 架設環境の腐食性と期待耐久性の設定に応じて,構造物の維持管理計画に適した防食対策(機能,施工性,経済性)を選定しなければならない。更に,地球環境,地域環境や作業者の健康などに対する配慮も求められる。
 
 施工性
 新設時の構造物設計段階において,新設時の施工性のみならず,供用後の点検作業や補修作業での施工性を考慮して,防食対策を設計するように心がける。
 新設時は製作工場内で最適化された環境と作業体制下での作業が可能である。一方,維持管理段階の点検や補修作業は現地環境で,運用しながらの作業となる。
 点検や補修作業時の足場,点検,補修に使用する機器類の搬入・設置などの施工条件に適した防食対策を検討する。さらに,構造物供用中に防食法の変更・更新が必要になった場合の難易(除去・剥離性など)も事前に検討しておくのが望ましい。
 
 経済性
 一般的に,経済性比較を行う場合に,防食対策の初期コストと機能が失われるまでの耐久年のみが考慮される。しかし,実際には,長期耐久が期待できる防食対策であっても,機能が失われるまでに複数回の点検や軽微な補修が必要となるケースが多い。
 防食対策の経費比較を行う際には,点検や補修作業の難易など過去の事例を参考にするよう心がけるべきである。
 このためには,設計グループと維持管理グループとの意思疎通が肝要である。
 
 環境影響
 防食対策に限らず,経済活動において,地球環境地域環境,及び作業者の健康に配慮することが求められている。
 このためには,使用する材料や工法の環境影響について,現行の法や条例に適合することは当然として,将来の動向をも見据えた事前把握が必要である。
 検討対象となる項目として,例えば,大気汚染物質,水質汚染物質,土壌汚染物質,健康影響物質,廃棄物処理や騒音などがある。

  ページトップへ