防食概論:塗料・塗装

 技術用語関連のページ探しは
    “キーワード索引”

 関連機関へのリンク,防食関連書籍は
    “お役立ち情報”

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食・防食とは” ⇒ “塗料・塗装” ⇒

         JIS K 5600-8-2 膨れの等級

 JIS K 5500 「塗料用語」では,膨れ(ふくれ)とは,“塗膜に泡が生成する現象。”と定義している。
 膨れ発生は,水分,溶剤など揮発成分で汚染された下地表面に塗料を塗ったときに観察される。また,塗膜形成後にガス,蒸気,水分などが塗膜を透過し,塗膜層間の界面などに蓄積して発生することもある。
 一般的に多く観察される塗膜膨れは,水の浸透圧差を原因として,素地/塗膜の界面や塗膜層間の界面に水が浸透することで,塗膜が半球状に盛り上がる現象(俗には水膨れともいう)である。すなわち,高湿度下や水との接触環境で生じる塗膜劣化の一種と考えられる。
 この他に,塗膜膨れに至る塗膜劣化現象には,塗膜下腐食の進行によるさび膨れ,腐食個所近傍の塗膜下で生じたカソード反応(高アルカリ化)によるカソード膨れ,塗装前に素地金属に含まれた水素(溶接後の処理不良など)によるガス膨れなどがある。
 【 JIS 規格概要】
 JIS K 5600-8-2 :2008 「塗料一般試験方法−第 8 部:塗膜劣化の評価−第 2 節:膨れの等級」Testing methods for paints-Part 8: Evaluation of degradation of paint coatings-Section 2: Designation of degree of blistering
 【適用範囲】
 この規格は,塗膜の膨れの程度を,基準図版による等級見本と比較し,評価して,等級付けをする方法について規定する。
 基準図版では,膨れの大きさを等級 2,3,4 及び 5,並びに膨れの量(密度)を等級 2,3,4 及び 5 と等級付けして,図示している。
 【序文】
 この規格は,2003 年に第 2 版として発行されたISO 4628-2 ,Paints and varnishes−Evaluation of degradation of coatings−Designation of quantity and size of defects,and of intensity of uniform changes in appearance−Part 2: Assessment of degree of blistering を基に,技術的内容及び対応国際規格の様式を変更することなく作成した日本工業規格である。
 【用語,及び定義】
 膨れの等級 (degree of blistering)
 塗膜の膨れの量(密度)及び大きさによる等級。
 【項目一覧】
 1. 適用範囲
 2. 引用規格
 3. 用語及び定義
 4. 評価
 5. 結果の表示
 6. 試験報告
 附属書 A (規定)校正画像
 
 【抜粋した情報】
 評価
 基準図版によって,塗膜の膨れの量(密度),及び大きさを評価する。塗膜に様々な膨れが混在するときは,その塗膜面を代表する膨れの大きさの等級を採用する。
 結果の表示
 例えば,塗膜の膨れの量(密度)が 3,大きさ(size)が 2,と評価したときは,
  “膨れ:膨れの等級 3 ( S2 )”
 と報告する。

 このページの“トップ”