防食概論:塗料・塗装

 技術用語関連のページ探しは
    “キーワード索引”

 関連機関へのリンク,防食関連書籍は
    “お役立ち情報”

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食・防食とは” ⇒ “塗料・塗装” ⇒

         鋼構造物用耐候性塗料・上塗り塗料

  JIS K 5659 「鋼構造物用耐候性塗料」は,主に鋼構造物の美装仕上げ塗りに用い,長期の耐候性をもつ塗料について規定している。
 この規格は,2008年に,それまでの製品規格であった JIS K 5657 「鋼構造物用ポリウレタン樹脂塗料」と JIS K 5659 「鋼構造物用ふっ素樹脂塗料」を統合し,鋼構造物用の上塗り塗料の性能規格化を図ったものである。
 種類は,上塗り塗料の耐候試験結果に応じて 1 級,2 級,3 級に区分される。
 
 JIS K 5659 「鋼構造物用耐候性塗料」は, 性能規格のため,品質規格に塗料の成分に関連する規定はない。
 しかし,JIS規格の「表1-種類及び等級」の最下欄に“上塗り塗料の原料は,ふっ素系樹脂,シリコン(シリコーン)系樹脂,又はポリウレタン系樹脂とする。塗料は,上塗り塗料と中塗り塗料とを組み合わせて用いる。上塗り塗料,及び中塗り塗料のいずれも,主剤と硬化剤を混合し硬化させて用いる。”と記述され,性能規格といいつつ,選択範囲が特定の多液混合形塗料に限定される表現になっている。
 塗料の性状については,容器の中での状態,加熱残分を規定している。
 塗装作業に関連しては,表面乾燥性(乾燥時間),ポットライフ,隠ぺい率が規定されている。
 塗膜形成機能として,塗膜の外観,耐屈曲性,耐衝撃性(耐おもり落下性),付着性(中塗り塗膜との層間付着性)が規定されている。
 塗膜の性能や耐久性については,鏡面光沢度,耐アルカリ性,耐酸性,耐湿潤冷熱繰返し性,促進耐候性,屋外暴露耐候性が規定されている。


JIS K 5659 「鋼構造物用耐候性塗料」 上塗り塗料
  項  目   上塗り 1級  上塗り 2級  上塗り 3級
  容器の中での状態    かき混ぜたとき,堅い塊がなくて一様になる。 
  表面乾燥性    表面乾燥する。(常温 8 時間後,低温 5 ℃ 16 時間後) 
  塗膜の外観    塗膜の外観が正常であるものとする。 
  ポットライフ    規定時間(5 時間)後,使用できる。 
  隠ぺい率    白・淡彩は 90 以上,鮮明な赤,及び黄は 50 以上,その他の色は 80 以上 
  鏡面光沢度(60度)    70 以上 
  耐屈曲性    折曲げに耐える。( 10mmマンドレル) 
  耐おもり落下性(デュポン式)    塗膜に割れ,及びはがれが生じない。(デュポン式 300g,500mm) 
  層間付着性 Ⅱ    異常がない。 
  耐アルカリ性,耐酸性    異常がない。(水酸化カルシウム水) 
  耐湿潤冷熱繰返し性    湿潤冷熱繰返しに耐える。 
  混合塗料中の加熱残分 %    白・淡彩は 50 以上,その他の色は 40 以上 
  促進耐候性    照射時間 2000 時間の促進耐候性試験に耐える。    照射時間 1000 時間の促進耐候性試験に耐える。    照射時間 500 時間の促進耐候性試験に耐える。 
  屋外暴露耐候性(24か月)    光沢保持率が 60 %以上で白亜化の等級が 1 又は 0     光沢保持率が 40 %以上で白亜化の等級が 2,1 又は 0     光沢保持率が 30 %以上で白亜化の等級が 3,2,1 又は 0  

 ページのトップへ