金属概論:鉄および鋼

 技術用語関連のページ探しは
    “キーワード索引”

 関連機関へのリンク,金属関連書籍は
    “お役立ち情報”

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食防食とは“ ⇒

  【建築構造用圧延鋼】

 建築構造用圧延鋼材(Rolled steels for building structure, JIS G3136 1994年制定 SN材)は,SM材(溶接構造用圧延鋼材)同様に熱間圧延鋼材であるが,塑性変形能力を期待した建築構造物向けの鋼材である。
 SM材が汎用規格であるのに対し,SN材は鉄骨造建築物に求められる耐震性や溶接性に特化した建築構造専用の規格として1994年に制定された。
 この結果として,JIS規格のSS材及びSM材のJIS規格の適用範囲から建築用途が削除された。
 SN材もSM材と同様にA種・B種・C種の3種類があり,B・C種にはシャルピー衝撃試験の規定がある。また,大地震時に想定される崩壊形を実際のものに近づける目的で,降伏点のばらつきを抑える規定もある。


建築構造用圧延鋼材(SN材)の例
  記号    種類    厚さ 
  mm 
化学成分(%) 引張強さ
N/mm2
C SiMn P S
  SN400    A    6≦t≦100    ≦0.24    ―    ―    ≦0.050    ≦0.050    400~510 
  B    6≦t≦50    ≦0.20    ≦0.35    0.60~1.40    ≦0.030    ≦0.015 
  50≦t≦100    ≦0.22 
  SN490    B    6≦t≦50    ≦0.18    ≦0.55    ≦1.60    490~610 
  50≦t≦100    ≦0.20 

【参考資料】
 1)谷野満,鈴木茂「鉄鋼材料の科学―鉄に凝縮されたテクノロジー」内田老鶴圃(2006)
 2) 大澤直 『金属のおはなし』 日本規格協会,2008年
 3) 齋藤勝裕 『金属のふしぎ』 ソフトバンククリエイティブ,2009年

   ページのトップ