防食概論:塗料・塗装

 技術用語関連のページ探しは
    “キーワード索引”

 関連機関へのリンク,防食関連書籍は
    “お役立ち情報”

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食・防食とは” ⇒ “塗料・塗装” ⇒

         塗料工業の黎明期

関東大震災(神田橋)

関東大震災(神田橋)
写真出典:国立科学博物館地震資料室

 明治中期から大正初期にかけて,塗料会社が次々と創立された。特に,1904年(明治37年)から1914年(大正3年)まで続いた日露戦争の間に,塗料の国産化が進み,大正初期には輸入品が姿を消した。
 1923年(大正12年)の関東大震災で多くの建築物,構造物が被害を受け,その復興で塗料の需要が増大した。
 この間に登場した主な塗料会社は,1901年(明治34年)にエナメル・ワニスの製造販売する川上塗料株式会社,神戸ボイル油株式会社(後の神東塗料株式会社)が,1916年(大正5年)に船底塗料を扱う中国化学工業合資会社(後の中国塗料株式会社),1918年(大正7年)にラッカーを国産化した関西ペイント株式会社が,1919年(大正8年)に大阪製煉(株)(後の株式会社トウペ)が設立している。
 
 自動車や家具等の美装分野で革命的な塗料として登場したニトロセルロースラッカー(硝化綿ラッカー)は,1923年にデュポン社で発明され,GM社の車に最初に用いられた。日本では,久保孝ペイントが1924年(大正13年)にニトロセルロースラッカーの国産化に成功している。
 その後,昭和15年までに,櫻宮化学(株),水谷ペイント,東京ペイント(株),イサム塗料(株),大日本塗料(株),日本特殊塗料(株),ロックペイント(株),カナヱ塗料(株),大同塗料(株),(株)アサビペイントなど日本の主要な塗料会社が設立している。

 ページのトップへ