防食概論:塗料・塗装

 技術用語関連のページ探しは
    “キーワード索引”

 関連機関へのリンク,防食関連書籍は
    “お役立ち情報”

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食・防食とは” ⇒ “塗料・塗装” ⇒

         塗り替え塗装工程

 架設された鋼橋は,健全性を維持するため,事業者の維持管理計画に従い調査・点検が実施される。
 例えば,鉄道では2年毎の通常全般検査で,道路では5年毎の定期点検,必要に応じ中間年の中間点検で,腐食の発生程度,塗膜の劣化程度を評価し,塗替え塗装の要否を判定している。
 
塗り替え塗装工程
 塗替え塗装が必要と判定された場合に,鋼橋の管理者は,腐食程度や塗膜劣化程度に応じた適切な塗替え塗装を計画し,施工会社に発注することになる。
 受注した施工会社は,工事計画を立案し,一般的には次の手順で塗り替え塗装工事が実施される。

既設鋼橋 塗り替え塗装の工程例

既設鋼橋 塗り替え塗装の工程例

  1. 足場工架設
     積載荷重,風荷重を考慮し,適切に設計・施工する。
  2. 防護工設置
     落下防止,飛散防止が適切に出来るよう配慮する。
  3. その他設備の設置
     必要に応じて,換気設備,照明設備。暖房設備を設置する。
  4. 塗膜表面の付着塩分測定
     表面付着塩分を適切な方法で測定し,規制値以上の場合には,施工対象面の水洗を実施する。
  5. 素地調整
     架設環境での制約条件を確認し,塗膜調査結果に基づき決定された適切な方法,適切な除せい度の素地調整作業を行う。
  6. 第1層目塗装
     素地調整後の早い機会(原則3時間以内)に第1層目を塗装する。
  7. 第2層目以後の塗装
     塗装に適した条件(付着塩分量,気象条件)であることを事前に確認し,塗装系に指示される方法で塗料を順次塗り付ける。
  8. 竣工検査
     工事記録,検査記録を確認し,適切に工事が完了したことを確認する。現地確認は,足場工撤去前に実施するのが望ましい。諸般の事情で足場工撤去後に実施される場合もある。
  9. 足場工撤去
     塗膜の不具合などの確認,補修後,足場工を撤去する。なお,吊り金具接触個所など未塗装個所を適切に補修し,発生した廃棄物を処理する。

   ページのトップへ