防食概論:防食の基礎

 技術用語関連のページ探しは
    “キーワード索引”

 関連機関へのリンク,防食関連書籍は
    “お役立ち情報”

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食防食とは“ ⇒ “防食の基礎” ⇒

          【素地調整とは】

 素地調整とは,JIS Z 0103「防せい防食用語」で“塗料の付着性及び防せい効果をよくするために,機械的又は化学的に被塗装物体表面を処理し,塗装に適するような状態にすること。”と定義されている。素地調整のほかに,下地処理,前処理,生地ごしらえ,ケレンなどの用語が用いられる。
 機械的素地調整とは,物理力で表面を研削する方法をいう。一般的には,作業効率,得られる除錆程度,作業制約などで,工具(手工具,動力工具)による方法,ブラスト処理による方法に分けられる。
 化学的素地調整とは,溶剤の溶解力を活用した脱脂,酸やアルカリなどの溶解力を用いた除錆,金属表面に化成皮膜を形成する化成処理などの処理をいう。
 機械的素地調整では,金属表面の油汚れの除去は極めて困難である。このため,脱脂作業は重要な塗装前処理になる。簡便な脱脂で済む場合は,溶剤を含んだ布による拭き取り方法が適用される。
 
 【鋼橋の素地調整】
 ここでは,鋼橋製作を例に,塗装で用いられる機械的素地調整について概要を紹介する。鋼橋新設時の素地調整には,【構造物塗装】で示したように,鋼板製作時の一次素地調整(原板ブラスト),橋梁製作後の二次素地調整(製品プラスト),鋼橋架設後の現場での素地調整(手工具,動力工具)がある。
 他に,鋼橋が供用され,防食性能の低下により実施される塗替え塗装時の素地調整がある。塗替え塗装時の素地調整は,鋼橋架設現場での作業となり,施工上の制約により,現場全面ブラスト,部分ブラスト,手工具,動力工具から選択される。
 塗膜の性能を十分に発揮するためには,塗膜性能に見合う適切な素地調整の選択が必要不可欠である。
 一般的には,鋼橋新設時の一次素地調整,二次素地調整では,ショットブラストが主流である。補修塗装,新設時現場塗装,及び塗替え塗装では,粉じん対策が必要になるため,動力工具や手工具を併用した素地調整が主流である。十分な粉じん対策が可能で塗膜品質の向上を目的とする場合は,適切なブラスト処理の採用が推奨される。

  ページのトップへ