防食概論:塗料・塗装

 技術用語関連のページ探しは
    “キーワード索引”

 関連機関へのリンク,防食関連書籍は
    “お役立ち情報”

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食・防食とは” ⇒ “塗料・塗装” ⇒

         環境問題

 【地球環境の変遷】
 一般的な地球環境に関する認識は次の通りである。
 人類が地球上に誕生し300万年ほど経過し,その間に地球環境,すなわち水圏,大気圏とも人類にとって最適のバランスを維持してきた。しかし,18世紀になり,人類は自身の持つ物理能力以上のものを発揮できる機械を発明したことを契機に,数多くの技術開発が精力的に行われ,生活環境は,より快適に,より便利にと大きく変質した。
 その結果として,幾何級数的な人口増加,生活維持のためにエネルギー・資源を大量に消費する社会となった。
 20世紀後半になって,人類の経済活動が,地球の持つ自律・自浄能力をはるかに超えたため,地球生態系のバランスを崩し始めた。
 環境問題は我々人類にとって,避けて通れない問題であり,21世紀は「環境の世紀」であるとも言われている。環境との調和をはかりながら経済の持続的成長を続けるために,英知を結集し努力を続けなければならない状況となっている。
 
 【地球環境問題とは】
 一般的な地球環境問題は,1974年にオゾン層破壊の警告が発せられたことに始まる。その後,1980年代には地球温暖化酸性雨,熱帯林の減少,生物多様性の減少,砂漠化,海洋汚染,途上国の公害問題,有害廃棄物処理などの国境を越えた広域の問題として採り上げられるようになった。
 国際的な動向としては,リオデジャネイロでの地球サミットの宣言を受けて採択された行動計画「アジェンダ21」,化学会社を中心とした活動の「レスポンシブル・ケア」及び国際標準化機構(ISO)による規格「ISO 14000シリーズ」等が主導的役割を果たしている。国内的には大気汚染防止法,悪臭防止法,PRTR(環境汚染物質排出・移動登録制度)等が関連する。
 
 【アジェンダ21】
 1992年6月にブラジルのリオデジャネイロで開催された「環境と開発に関する国際会議」(地球サミット)で,「環境と開発に関するリオ宣言」とその宣言を受けた環境保全の行動計画「アジェンダ21」が採択されている。
 日本政府は,我が国が今後重点的に講じる諸施策「アジェンダ21行動計画」をまとめ,1993年12月に関係閣僚会議の決定を経て国連に提出した。
 その概要は次の通りである。
 1) 大量消費・大量廃棄の現経済社会のあり方を環境配慮形に変革する。そのために規制的手法(環境基本法,容器包装リサイクル,大気汚染,廃水処理等)と自主的取り組み(省エネ、リサイクル,廃棄物の減少)の両面から推進する。
 2) 有害化学物質の国際的管理の推進への協力,有害廃棄物の国境を越える移動・処分の規制への取組。
 3) 企業が自社の環境行動計画を自主的に策定し,企業活動の中に環境配慮を組み込んでゆく。
 
 【レシポンシブル・ケア】
 レシポンシブル・ケアは,1984年にカナダ化学品生産者協会が提唱したものである。1990年には国際化学工業協会協議会(ICCA)が設立され,1994年の総会でレシポンシブル・ケア監査の推進とその実施状況の情報交換の充実を図ることが決議されました。
 この活動は,世界55カ国(2012年)が参加し,国連をはじめとする国際機関・各国政府が認知する活動になっている。
 日本では,(社)日本化学工業協会が1995年に日本レシポンシブル・ケア協議会(JRCC)を設立し活動を開始し,2013年現在で化学工業関連の101社が参加している。JRCCの定めるレシポンシブル・ケアの定義は以下の通りである。
  “化学物質を製造し,又は取り扱う事業者が,自己決定・自己責任の原則に基づき,化学物質の開発から製造・流通・使用・最終消費を経て廃棄にいたる全ライフサイクルにわたって,「安全・環境」を確保することを経営方針において公約し,安全・健康・環境面の対策を実施し,改善を図っていく「自主管理活動」。”

 ページのトップへ