社会資本の歴史・現状・維持管理

 技術用語関連のページ探しは
    “キーワード索引”

 “お役立ち情報”では,“社会資本関連の機関・会社”へのリンク,  “関連書籍”その他の用品情報を紹介

NEW【キーワード検索】 の構成を更新しました。
 旧ページが表示される場合は,右クリックで “ 再読み込み,又は最新の情報に更新 ” してください。

“社会資本とは”の構成 <項目クリックでリンクできます。>

☆ 社会資本の歴史と現状として,次の区分で,その変遷や設備の現状について紹介します。

  • 鉄道史と現状では,線路の発達,鉄道車両の変遷,構造物設計標準の変遷などの紹介。
  • 道路の変遷と現状では,自動車の発達,道路整備の変遷,設計の変遷,現状の課題などの紹介。
  • 港湾・空港では,船舶の歴史,港湾の分類と施設の現状,港湾設備の維持管理,空港法での分類,空港一覧,空港における設備などの紹介。
  • 水道・電力では,近代水道の歴史,水道システム,水道の維持管理,電力の歴史,電力設備の現状などの紹介。
  • 高層建築の歴史では,耐震基準の変遷,高層建築物の歴史,東京タワー建設,高度成長期の高層建築物などの紹介。
☆ 橋梁の現状として,防食設計で必須の情報である構造の特徴,及び維持管理体制について,鋼橋を例に紹介します。
  • 鋼橋の製作と構造では,鋼橋(塗装橋)の製作方法,主要な構造形式,及び部材,鋼橋関連用語などの紹介。
  • 鉄道橋の維持管理では,維持管理の考え方,管理の流れ,及び構造物健全度の判定法や補修・補強などの紹介。
  • 道路橋の維持管理では,点検要領,損傷程度の評価法,補修・補強の考え方などの紹介。

 

はじめに

 社会資本(しゃかいしほん:social overhead capital)とは,経済学では“企業・個人の経済活動を円滑に進めるための基盤”と広い意味で用いられていますが,「広辞苑」第六版によると“鉄道,道路,港湾,電力,通信,水道などの公共施設のこと。社会的間接資本,社会的共通資本ともいう。”と説明されるように,一般的には,インフラストラクチャー(infrastructure)と同義語のように用いられます。

 インフラストラクチャーとは,国民福祉の向上と国民経済の発展に必要な公共施設を指します。 具体的には,身近な交通基盤施設の鉄道・道路・港湾・空港のみならず,治水関連(ダム・堰・水門・堤防・砂防・護岸施設など)・エネルギー関連(電力・ガス・石油の生産および供給施設など)・通信関連(電話,通信衛星,通信網など)・生活基盤関連(上下水道・都市公園・教育,文化,福祉厚生施設など)・生産基盤関連(工業団地・オフィス街,農林漁業基盤施設など)など多岐に渡ります。

 本サイトでは,その中で大型設備を持つ交通基盤施設を中心に,その歴史,現状を紹介します。さらに,サイトの主目的である鋼構造物の腐食・防食の理解を助けるため,道路と鉄道の鋼橋を例に,設計,製作及び維持管理の現状を紹介します。

   ページのトップ