防食概論:防食の基礎

 技術用語関連のページ探しは
    “キーワード索引”

 関連機関へのリンク,防食関連書籍は
    “お役立ち情報”

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食防食とは“ ⇒ “防食の基礎” ⇒

          【塗料の構成】

 ここでは,液状溶剤型塗料の基本的な構成材料を紹介する。塗料の詳細については,別途に【塗料・塗装】の【塗料各論】で解説する。
 
【塗料の基本構成】
 溶剤型塗料の一般的な構成(分類)を下図に示す。

溶剤型塗料の構成

溶剤型塗料の構成例

 塗料は,塗膜として残る塗膜構成要素と塗膜として残らない塗膜形成助要素に分けられる。
 塗膜構成要素
 塗料構成要素は,塗膜の基本物性を決める塗膜主要素,塗膜を構成する樹脂の特性(機械特性,作業性,乾燥性など)を調整・制御する塗膜副要素,塗膜に各種機能(防錆性,機械特性,光学特性,熱特性,電気特性,電磁特性など)を付与する顔料で構成される。
 塗膜主要素は,展色材とも呼ばれ,有機高分子材料(樹脂)である。塗装後の化学反応(重合反応,縮合反応などの硬化反応)で最終的な樹脂となるため,塗料の状態では中間的状態のものが用いられる。
 塗膜副要素は,樹脂の特性を制御するための硬化剤,可塑剤,塗装作業性を改善するための消泡剤,増粘剤などの添加剤をいう。
 顔料には,防せい顔料,着色顔料の他に,増量,強度や弾性など機械特性の改善,導電性などの物理特性改善などの目的に適したものなどが用いられる。用いる顔料は,大きく無機顔料(無機化合物)と有機顔料(有機化合物)に分けられる。
 塗膜形成助要素
 一般的には,塗料の粘度や流動性の調整に用いられ,塗装作業性や塗膜の平滑性確保などを主目的とした溶剤類で,塗装後に蒸発し塗膜に残らない成分である。特殊な例として,塗膜主要素の硬化反応に寄与する成分を含む反応性希釈剤を溶剤として分類することもある。
 一般的な溶剤は,塗膜形成時に蒸発し,大気に排出されるため,溶剤種によっては大気汚染の原因となることがある。

  ページのトップへ