金属概論:鉄および鋼

 技術用語関連のページ探しは
    “キーワード索引”

 関連機関へのリンク,金属関連書籍は
    “お役立ち情報”

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食防食とは“ ⇒

  【鉄鋼(製品JIS例)】

 JISに規格される数多くある鉄鋼製品の中から社会資本に関連する材料の一例を次に示す。このように,鉄鋼材料は,その組成により様々な特性を有する製品がある。


普通鋼の例
 規格番号  規格名称
  JIS G 3101    一般構造用圧延鋼材(Rolled steels for general structure)
  SS材と記され, 橋梁,船舶,車両その他の構造物に用いる一般構造用の熱間圧延鋼材及び熱間押出形鋼
  JIS G 3106    溶接構造用圧延鋼材(Rolled steels for welded structure)
  SM材と記され,橋梁,船舶,車両,石油貯槽,容器及びその他の溶接構造物に用いる溶接性に優れる熱間圧延鋼材及び熱間押出形鋼
  JIS G 3109    PC鋼棒(Steel bars for prestressed concrete)
主としてポストテンション方式によるプレストレストコンクリートに用いる PC 鋼棒をいう。丸鋼棒は SBPR材,異形鋼棒は SBPD材と記される。 
  JIS G 3112    鉄筋コンクリート用棒鋼(Steel bars for concrete reinforcement)
  コンクリート補強に使用する熱間圧延によって製造された丸鋼(SR材)及び異形棒鋼(SD材),再生棒鋼(JIS G 3117,SRR材,SDR材)を除く
  JIS G 3114    溶接構造用耐候性熱間圧延鋼材(Hot-rolled atmospheric corrosion resisting steels for welded structure)
  SMA材と記され,橋梁,建築,その他の構造物に用いる,溶接性を考慮した耐候性熱間圧延鋼材
  JIS G 3125    高耐候性圧延鋼材(Superior atmospheric corrosion resisting rolled steels)
  SPY材と記され,車両,建築,鉄塔及びその他の構造物に用いる高い耐候性をもつ圧延鋼材
  JIS G 3128    溶接構造用高降伏点鋼板(High yield strength steel plates for welded structure)
  SHY材と記され,橋梁,圧力容器,高圧設備,その他の構造物に使用する鋼板で溶接性がよく,引張強さが 780 N/mm2,耐力が 685 N/mm2級の熱間圧延鋼板
  JIS G 3129    鉄塔用高張力鋼鋼材(High tensile strength steel for tower structural purposes)
  SH材と記され,主として送電鉄塔用に用いる熱間圧延鋼材
  JIS G 3131    熱間圧延軟鋼板及び鋼帯(Hot-rolled mild steel plates,sheets and strips)
  SPH材と記され,一般用及び加工用の熱間圧延軟鋼板及び軟鋼帯
  JIS G 3134    自動車用加工性熱間圧延高張力鋼板及び鋼帯(Hot-rolled high strength steel plate, sheet and strip with improved formability for automobile structural uses)
  SPHF材と記され,主に自動車,電気機器,建築材料などに用いる加工性の良い熱間圧延高張力鋼板及び鋼帯
  JIS G 3136    建築構造用圧延鋼材(Rolled steels for building structure)
  SN材と記され,建築構造物に用いる熱間圧延鋼材
  JIS G 3140    橋梁用高降伏点鋼板(Higher yield strength steel plates for bridges)
  SBHS材と記され,主として橋梁に用いる高い降伏点又は耐力を有し,溶接性に優れる熱間圧延鋼板及び耐候性熱間圧延鋼板
  JIS G 3141    冷間圧延鋼板及び鋼帯(Cold-reduced carbon steel sheet and strip)
  SPC材と記され,一般的に広く用いられる冷間圧延鋼板及び鋼帯
  JIS G 3201    炭素鋼鍛鋼品(Carbon Steel Forgings for General Use)
  SF材と記され,一般用として使用する炭素鋼鍛鋼品
  JIS G 3302    溶融亜鉛めっき鋼板及び鋼帯(Hot-dip zinc-coated steel sheet and strip)
  SGH材やSGC材と記され,質量分率で,97%以上の亜鉛を含むめっき浴(ただし,通常,アルミニウムを 0.30%以下)において,両面等厚の溶融亜鉛めっきを行った鋼板及び鋼帯,並びに板を加工した波板
  JIS G 3303    ぶりき及びぶりき原板(Tinplate and blackplate)
  SPTE材,SPTH材と記され,主として飲料缶,食缶などに用いる,1 回冷間圧延のぶりき及びぶりき原板並びに 2 回冷間圧延のぶりき及び原板
  JIS G 3314    溶融アルミニウムめっき鋼板及び鋼帯(Hot-dip aluminium-coated steel sheets and coils)
  SA材と記され,溶融アルミニウムめっきを行った鋼板及び鋼帯
  JIS G 3317    溶融亜鉛−5%アルミニウム合金めっき鋼板及び鋼帯(Hot-zinc-5% aluminyum alloy-coated steel sheet and strip)
  SZAHと記され,質量分率で約 5%アルミニウム及び残部亜鉛からなるめっき浴において溶融めっきを行った鋼板及び鋼帯
  JIS G 3321    溶融55%アルミニウム−亜鉛合金めっき鋼板及び鋼帯(Hot-dip 55% aluminium-zinc alloy-coated steel sheet and strip)
  SHLHと記され,質量分率で約 55%アルミニウム,1.6%けい素,残部亜鉛を標準組成とするめっき浴において,溶融めっきを行った鋼板及び鋼帯並びに板を加工した波板
  JIS G 3323    溶融亜鉛−アルミニウム−マグネシウム合金めっき鋼板及び鋼帯(Hot-dip zinc-aluminium-magnesium alloy-coated steel sheet and strip)
  SGMHと記され,質量分率で,5.0%から 13.0%のアルミニウム,2.0%から 4.0%のマグネシウム,その他元素の合計 1.0%以下及び残部亜鉛からなるめっき浴において,両面等厚の溶融めっきを行った鋼板及び鋼帯並びに板を加工した波板
  JIS G 3444    一般構造用炭素鋼鋼管(Carbon steel tubes for general structure)
  STKと記され,鉄塔,足場,支柱,基礎ぐい,地滑り抑止ぐいなどの土木,建築の構造物に使用する炭素鋼鋼管
  JIS G 3445    機械構造用炭素鋼鋼管(Carbon steel tubes for machine structure)
  STKMと記され,機械器具,自動車,自転車,家具,器具,その他の機械部品に使用する炭素鋼鋼管
  JIS G 3474    鉄塔用高張力鋼管(High strength steel tubes for steel tower)
  STKTと記され,主として送電鉄塔に用いる高張力鋼管
  JIS G 3475    建築構造用炭素鋼管(Carbon steel tubes for building structure)
  STKNと記され,主に建築構造物に用いる炭素鋼鋼管。なお,構造物の基礎ぐいに用いる鋼管は,JIS A 5525「鋼管ぐい」に規定されている。
  JIS G 3601    ステンレスクラッド鋼(Stainless-clad steels)
  圧力容器,ボイラ,原子炉,貯槽などに使用する合せ材をステンレス鋼としたクラッド鋼
  JIS G 3603    チタンクラッド鋼(Titanium clad steels)
  圧力容器,ボイラ,原子炉,貯槽などに使用する合せ材をチタンとしたクラッド鋼

 クラッド鋼板(clad steel plates sheets)とは,主に耐摩耗性又は耐化学腐食性のある鋼又は合金を,低炭素鋼,低合金鋼などの母材と張り合わせた鋼板をいう。通常は圧延又は爆着で製造する。ときには,溶接プロセスなどその他の方法を用いる場合がある。
 なお,母材の片面に合わせ材を張り合わせたものを片面クラッド鋼,両面に合わせ材を張り合わせたものを両面クラッド鋼という。【JIS G 0203「鉄鋼用語(製品及び品質)」】
 クラッド鋼の JIS 品質規格には,JIS G 3601「ステンレスクラッド鋼:Stainless-clad steels」,JIS G 3602「ニッケル及びニッケル合金クラッド鋼:Nickel and nickel alloy clad steels」,JIS G 3603「チタンクラッド鋼:Titanium clad steels」,JIS G 3604「銅及び銅合金クラッド鋼:Copper and copper alloy clad steels」がある。

合金鋼の例
  規格番号  規格名称
  JIS G 4053    機械構造用合金鋼鋼材(Low-alloyed steels for machine structural use)
  鋼管を除き,熱間圧延,熱間鍛造及び熱間押出によって製造する機械構造用合金鋼鋼材{マンガン鋼(SMn),クロムモリブデン鋼(SCM),ニッケルクロム鋼(SNC),アルミニウムクロムモリブデン鋼(SACM),マンガンクロム鋼(SMnC),ニッケルクロムモリブデン鋼(SNCM),クロム鋼(SCr)}40種が規定されている。
  JIS G 4109    ボイラ及び圧力容器用クロムモリブデン鋼鋼板(Chromium-molybdenum alloy steel plates for boilers and pressure vessels)
  SCMVと記され,常温から高温で使用されるボイラ及び圧力容器に用いるクロムモリブデン鋼の熱間圧廷鋼板
  JIS G 4304    熱間圧延ステンレス鋼板及び鋼帯(Hot-rolled stainless steel plate, sheet and strip)
  SUSと記され,熱間圧延ステンレス鋼板及び熱間圧延ステンレス鋼帯で,金属組織の違いでオーステナイト系,フェライト系,オーステナイト・フェライト系,マルテンサイト系,析出硬化系に分けられる。
  JIS G 4312    耐熱鋼板及び鋼帯(Heat-resisting steel plate, sheet and strip)
  SUHと記され,高温でも機械的性質が安定し,耐食性などのよい鋼で,ニッケル(Ni),クロム(Cr),ケイ素(Si),モリブデン(Mo),バナジウム(V),チタン(Ti),ニオブ(Nb),タングステン(W)などを添加した合金鋼
  JIS G 4403    高速度工具鋼鋼材(High speed tool steels)
  SKHと記され,金属を高速度で切削加工する工具の材料として,高炭素鋼に,クロム(Cr) ,バナジウム(V),タングステン(W),モリブデン(Mo),コバルト(Co)を添加した合金鋼

   ページのトップ