防食概論:塗料・塗装

 技術用語関連のページ探しは
    “キーワード索引”

 関連機関へのリンク,防食関連書籍は
    “お役立ち情報”

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食・防食とは” ⇒ “塗料・塗装” ⇒

         一般外面用・塗装系 Rc

 塗替えの塗装系 Rc は,新設時の C 塗装系と同様の塗料を用いた重防食形の塗替え塗装系である。
 旧塗膜の種別・状態,塗替え塗装目的により,Rc-Ⅰ からRc-Ⅳ まで 4 種ある。
 Rc-Ⅰ
 旧塗膜( A,B,a,b,c 塗装系),素地調整( 1 種),特徴(ブラスト処理で旧塗膜完全除去,スプレー塗装)
 Rc-Ⅱ
 旧塗膜( B,b,c 塗装系),素地調整( 2 種),特徴(工事上の制約でブラストできないとき,旧塗膜全面除去)
 Rc-Ⅲ
 旧塗膜( A,B,a,b,c 塗装系),素地調整( 3 種),特徴(工事上の制約でブラストできないとき,活膜残す)
 Rc-Ⅳ
 旧塗膜( C,c 塗装系),素地調整( 4 種),特徴(旧塗膜に欠陥がなく,美観を改善するため)

 

【 Rc-Ⅰ 塗装系】

 旧塗膜が A,a,B,b 塗装系で,構造物の塗膜寿命延長を図る場合には,素地調整程度 1 種で旧塗膜を完全に除去したうえ,有機ジンクリッチベイントを塗付する。はがれ,素地からのさびが著しい金属溶射皮膜の補修塗装も同様に行う。
 地調整程度1種を行って全面の塗膜を除去した場合は,下塗りから上塗りまでスプレー塗装を行う。その際も塗料の飛散によって周辺を汚染しないように十分に飛散防止処置を行う。便覧 Ⅱ-93ページ)
 
 【塗装仕様】
 【素地調整】
 1 種(ブラスト処理)
 【下塗り】
  素地調整後 4 時間以内,全面塗り付け
 有機ジンクリッチペイント:使用量 600g/m2(スプレー塗り)
  ①塗装後 1 日以上,10 日以内,全面塗り付け
 弱溶剤形変性エポキシ樹脂塗料下塗:使用量 240g/m2(スプレー塗り)
  ②塗装後 1 日以上10 日以内,全面塗り付け
 弱溶剤形変性エポキシ樹脂塗料下塗:使用量 240g/m2(スプレー塗り)
 【中塗り】
 下塗り塗装後 1 日以上 10 日以内,全面塗り付け
 弱溶剤形ふっ素樹脂塗料用中塗:使用量 170g/m2(スプレー塗り)
 【上塗り】
 中塗り塗装後 1 日以上 10 日以内,全面塗り付け
 弱溶剤形ふっ素樹脂塗料上塗:使用量 140g/m2(スプレー塗り)

 

【 Rc-Ⅱ 塗装系】

 ジンクリッチプライマーやジンクリッチペイントが下塗りに使用された旧塗膜で,これらの塗膜の多くに劣化がないことが確認できたときは,素地調整程度 2 種でジンクリッチプライマーやジンクリッチベイントを残し,他の旧塗膜を全面除去する塗替え塗装系 Rc-Ⅱを適用してもよい。
 しかしながら,過去に旧塗膜が B,b 塗装系から c 塗装系へと塗替えられた塗膜である場合には,旧塗膜にさびがほとんどなくても,割れ,はがれ,膨れ等の欠陥が見受けられることがあるので,この場合は素地調整程度 1種 の Rc-Ⅰ を適用する。便覧 Ⅱ-93ページ)
 
 【塗装仕様】
 【素地調整】
 2 種(動力工具・手工具併用)
 ただし,健全なジンクリッチプライマー,ジンクリッチペイントを残す。
 【下塗り】
  素地調整後 4時間以内, 鋼板露出部のみ
 有機ジンクリッチペイント:使用量 240g/m2(ローラ・刷毛塗り)塗膜を全除去した場合は,使用量 600g/m2とする。
  ①塗装後 1 日以上,10 日以内,全面塗り付け
 弱溶剤形変性エポキシ樹脂塗料下塗:使用量 200g/m2(ローラ・刷毛塗り)
  ②塗装後 1 日以上 10 日以内,全面塗り付け
 弱溶剤形変性エポキシ樹脂塗料下塗:使用量 200g/m2(ローラ・刷毛塗り)
 【中塗り】
 下塗り塗装後 1 日以上 10 日以内,全面塗り付け
 弱溶剤形ふっ素樹脂塗料用中塗:使用量 140g/m2(ローラ・刷毛塗り)
 【上塗り】
 中塗り塗装後 1 日以上 10 日以内,全面塗り付け
 弱溶剤形ふっ素樹脂塗料上塗:使用量 120g/m2(ローラ・刷毛塗り)

 このページの“トップ”

【 Rc-Ⅲ 塗装系】

 工事上の制約によって素地調整程度 1種ができない場合には,素地調整程度 3 種による塗替えを行ってもよい。ただし,この場合は素地調整程度 1 種の塗替えに比べて塗膜の耐久性は大幅に劣る。便覧 Ⅱ-93ページ)
 
 【塗装仕様】
 【素地調整】
 3 種(動力工具・手工具併用)
 活膜は残す。
 【下塗り】
  素地調整後 4 時間以内, 鋼板露出部のみ
 弱溶剤形変性エポキシ樹脂塗料下塗:使用量 200g/m2(ローラ・刷毛塗り)
  ①塗装後 1 日以上,10 日以内,全面塗り付け
 弱溶剤形変性エポキシ樹脂塗料下塗:使用量 200g/m2(ローラ・刷毛塗り)
  ②塗装後 1 日以上 10 日以内,全面塗り付け
 弱溶剤形変性エポキシ樹脂塗料下塗:使用量 200g/m2(ローラ・刷毛塗り)
 【中塗り】
 下塗り塗装後 1 日以上 10 日以内,全面塗り付け
 弱溶剤形ふっ素樹脂塗料用中塗:使用量 140g/m2(ローラ・刷毛塗り)
 【上塗り】
 中塗り塗装後 1 日以上 10 日以内,全面塗り付け
 弱溶剤形ふっ素樹脂塗料上塗:使用量 120g/m2(ローラ・刷毛塗り)

 

【Rc-Ⅳ塗装系】

 旧塗膜が C 塗装系,及び c 塗装系の塗替えは,素地調整程度 4 種で主として美観を改善するために行う。旧塗膜の発せい(錆)が見られない場合でも,付着性を確保するために下塗りを全面に 1 回塗付するのがよい。便覧 Ⅱ-93ページ)
 
 【塗装仕様】
 【素地調整】
 4 種(研磨紙)
 【下塗り】
 素地調整後直ちに,全面塗り付け
 弱溶剤形変性エポキシ樹脂塗料下塗:使用量 200g/m2(ローラ・刷毛塗り)
 【中塗り】
 下塗り塗装後 1 日以上 10 日以内,全面塗り付け
 弱溶剤形ふっ素樹脂塗料用中塗:使用量 140g/m2(ローラ・刷毛塗り)
 【上塗り】
 中塗り塗装後 1 日以上 10 日以内,全面塗り付け
 弱溶剤形ふっ素樹脂塗料上塗:使用量 120g/m2(ローラ・刷毛塗り)

 このページの“トップ”