腐食概論:鋼の腐食

 技術用語関連のページ探しは
    “キーワード索引”

 関連機関へのリンク,腐食関連書籍は
    “お役立ち情報”

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食防食とは“ ⇒ “鋼の腐食とは” ⇒

       【目 次】

 土壌に埋設された金属の腐食は,土壌腐食(underground corrosion)といわれる。埋設された金属は, 腐食状況を容易に観察することができず,事故に至ってから発見されることが多い。
 このような事態を避けるため,適切な防食対策の計画と実施には,土壌の特徴と腐食の特徴に対する十分な理解が必要である。
 土壌腐食は,水の関与する腐食であり,ミクロ腐食マクロ腐食,及び迷走電流腐食に大別される。
 実用上の観点からは,金属を地表面に対して水平方向に敷設される各種配管類,垂直方向に敷設される杭,ケーブル類に分けるのが望ましい。

【目 次】
1.「土壌について」
 土壌の分類,土壌中の水の分類や土壌物性に用いる用語などを解説する。
 
2.「ミクロ腐食とは」
 土壌中で起きるミクロセル形成による比較的均質な全面腐食現象,これに影響する因子について解説する。
 
3.「マクロ腐食とは」
 土壌中で起きるマクロセル形成による局部的な腐食現象として,濃淡電池作用,異種金属接触,及び建築物との接触の影響について解説する。
 
4.「迷走電流腐食とは」
 激しい局部腐食現象の一つで,電気鉄道付近の埋設管や鋼杭などで,レールから漏れた電流を原因とする迷走電流腐食(電食)について解説する。

  ページトップへ