防食概論:塗料・塗装

 技術用語関連のページ探しは
    “キーワード索引”

 関連機関へのリンク,防食関連書籍は
    “お役立ち情報”

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食・防食とは” ⇒ “塗料・塗装” ⇒

         塗料の近代化

 1928年(昭和3年)には,長い間防錆顔料として君臨してきた鉛丹に代わりうる顔料として,亜酸化鉛(一酸化鉛,PbO)が開発され,1929年(昭和4年)に「亜酸化鉛粉錆止塗料」(亜酸化鉛さび止めペイント)として鉛粉塗料株式会社(後の大日本塗料株式会社)から発売された。
 その後にJIS規格化された塩基性クロム酸鉛(PbCrO4・PbO)やシアナミド鉛(PbCN2)と並び,鉛丹さび止めペイントの作業性や層間はがれの欠点を補う油性系のさび止めペイントとして広く用いられるようになった。

 昭和初期には,フェノール樹脂(1872年発見,1907年ベークライト発明),フタル酸樹脂,塩化ゴム樹脂などの合成樹脂を利用した塗料の開発が盛んに行われた。
 この時期のフタル酸樹脂塗料は,中油性のフタル酸樹脂エナメル塗料である。天然ゴムを塩素化させた塩素ゴム樹脂が登場し,1930年代に耐水性,耐薬品性,耐候性の良さを持つ塗料として塗料化された。
 太平洋戦争後は,堅練りペイントが大幅に減り,ほとんどが調合ペイント(油性)にとって代わられたが,顔料には従来通り亜鉛華を配合した「調合白亜鉛ペイント」が1955年(昭和30年)頃まで使用されていた。

 1950年頃より,戦後復興,自動車産業の発達など技術革新の波はあらゆる産業に波及し,各分野において新製品,新技術の関発が大きく進んだ。

自動車の普及

自動車の普及
出典:平成17年警察白書,統計データ(新交通管理システム協会)

 塗料の分野では,例えば,1948年のメラミンアルキド樹脂塗料,1949年の酢酸ビニルエマルジョン塗料,1952年には1938年にスイスで発明されたエポキシ樹脂の塗料化や不飽和ポリエステル樹脂塗料の開発,1953年のシリコン樹脂塗料の開発などが挙げられる。
 1955年(昭和30年)頃より,従来の乾性油を用いた油性調合ペイントにかわり合成樹脂を用いた長油性フタル酸樹脂塗料(合成樹脂系調合ペイント)が中塗・上塗に使用されるようになり,耐候性が飛躍的に向上した。
 白顔料も,亜鉛華に代わり,鮮やかな白色で隠ぺい性に優れるチタン酸化物が用いられるようになった。

 ページのトップへ